太陽は万能薬!日光浴でアンチエイジング

こんにちは。サクナの松成です。
さていつ頃からでしょうか・・・紫外線は有害で、UVケアに美白美白と騒がれるようになりました。
毎日のニュースでも紫外線情報が放送されるほどです。
今からほんの少し前、数十年前の母子手帳には”日光浴のススメ”が書いてあったようです。
しかし現在ではオゾン層が破壊されてきている為、「殺人光線と呼ばれる紫外線のUVC波はオゾン層に守られて地球上には届かない」という説はどうなっているのでしょうか。。
⇒紫外線はお肌の大敵!しかし細胞に欠かせない!

しかし一方的な紫外線有害説だけを信じ込まないことです。太陽の恵みはとてつもない偉大なもの!
紫外線をタップリ浴びて育った野菜たちは、活き活き、ポリフェノールをはじめ栄養素がタップリ。
太陽がなければ何も元気に育ちません。それは生物すべてに影響していると思います。

紫外線は老化促進だけでなく、皮膚ガンや白内障・失明、免疫低下を引き起こすので危険です。しかしこれは過ぎたるは及ばざるがごとし、紫外線の浴び過ぎが原因です。
今は昔に比べて子供も大人も、紫外線を浴びる量が少ないので、紫外線が足りない事によって引き起こされる病気の方が深刻となっています。
⇒ビタミンD不足はガン発症率2倍!

ビタミンDは”太陽のビタミン”とも呼ばれ、人間の皮膚が太陽光を浴びることによって体内でつくられます。
ビタミンD合成には、強い日差し(4月から8月にかけてのAM11:00~PM3:00に差す日光のような強度)の中に約10~20分ほどいるだけでいいのだとか。
それで人の体内には、約牛乳コップ200杯分のビタミンDができます。

適度な日光浴は、条件にもよりますが、週に3日、1日に約15分間、日差しが強い時間帯に日焼け止めなしの状態で、肌の3~4割を日光にさらすことで十分なようです。

【ビタミンD】は、骨の健康だけでなく、
免疫システムの働きを助けて呼吸器感染症を予防する、
炎症を抑える、
血管や心臓病の機能を改善する、
細胞レベルの老化を防ぐ、
ガンの発症や進行に関連するメカニズムを妨害する多くの抗ガン作用など、
たくさんの有益な働きがあることが分かっているようです。
うつ病など精神病や認知症などの脳障害も、ビタミンDと関係しているのではないかと言われています。

もしかして、太陽の光って万能薬なんじゃ?!
太陽を浴びるだけで治る病気って結構あるのでは?!しか~し、太陽は無料なんで、そういう研究は進まないでしょう(苦笑)
日本人は黒髪の有色人種ですから、個人差はありますが、紫外線から細胞を守る機能に優れているといえます。
ただ無防備に紫外線を長時間浴びれば、やはりシミ・そばかす、しわなどお肌の老化は促進されちゃうので、UVケアは需要ですけどね!
白人はUVケアなしでもガンガン日光浴されてますけど、やっぱり近寄るとお肌は汚い(^^;

春はお肌の老化には嫌なUVA波が強いので、しっかり紫外線対策をしながら、日光浴で細胞を活性化させて若返りましょう(^-^)/
【紫外線対策にもレスベラトロール!】

よくしゃべり、よく笑う!

こんにちは。サクナの松成です。
今に始まった事ではないんですが、、もりかけ問題からず~~っとおかしなニュースが続き過ぎてて。。
なんか…どうしようもない日本に成り下がっているのが暴露されまくってますね。
いったいぜんたい、良い方向へのかじ取りはできないもんですかね~。

何かをするにも、考えるにも、やはり体が資本。
まずは健康でいなければね!
健康=運動、とか健康=良質な食事、サプリ、とかすぐ連想しがちですが。。
毎日よく笑っていますか??
よくしゃべり、よく笑う!
これが一番の健康の秘訣だと思うんですね(^^)
男性よりも女性の方が得意ですが~その話題は噂話や悪口になってないかな?
サクナのアイテムも必需品ですね!!

弱い方は健康に、健康な方はさらに元気で若々しく!

こんにちは。サクナの松成です。
日差しだけでなく、日中は春らしい気温になってきましたね(^^)
色とりどりなお花も次々と咲いてきて、お外は春の景色に春の香りで~ウキウキしますね♪
そんな中、あちこちでくしゃみが聞こえてきて。。。
またまた花粉ー!
花粉症の方には嫌な辛い季節なんですよね(><;
「シダレウメ」

しかし、インフルエンザになる人ならない人、花粉症になる人ならない人…..
病気になる人、ならない人、これはどこが分かれ道なんでしょうかね~~。
生まれつき?遺伝?たまたま?運が悪かった?
う~~~ん、この原因はどこにあるんでしょうね。
結論は免疫力の異常、自己免疫力が弱いからに尽きるのですが。。

良質で高機能なアイテムをプラスすれば、弱い方は健康に、健康な方はさらに元気で若々しく!
なれる近道はあるんですよ(^^)/
大学研究開発の高機能製品は【Sakuna】へ

寒い(><;

こんにちは。サクナの松成です。
大寒波の影響で、大雪の地域は大丈夫でしょうか~~。
晴れの国岡山もかなり厳しい寒さで、朝お布団から出るのが嫌になりますね。。
毎朝のヨガが辛すぎます(TT)
とても地球が温暖化してるとは思えませぬ~私は地球寒冷化説の方を信じます!
来週明けには、寒さが少し和らぐのかな?
まあ、寒いのには変わりないでしょう…..(><;)

風邪やインフルには絶対なりたくないので、どこへ行くのにもマスクは必需品です。
あとは体を冷やさないよう、完全防寒ですね。
寒いと動きたくなくなりますが、それこそ体調不良の原因になりますからね~。
硬くなった体をストレッチなどでほぐして、できる限り動いていきましょう!

明日は1日ゆっくりできるので、しっかり細胞ケアして、グッスリ眠る事にしま~す(^^)/
【Sakunaオンラインショップ】

食事の量と質がすべてを変える。

こんにちは。サクナの松成です。
アタマでは分かっていても、なかなか実行に移せない現実(^^;;
忘年会、年末年始シーズンは、どうしても飲んだり食べたりする事が多くなります。
やはり家族や素敵な仲間達との食事のひととき、かけがえのない時間ですよね。
暴飲暴食の戒めとして…..(^^)

⇒食事の量と質が運勢と人生を変えているという事実。
・食から開運と健康を手に入れるなら先人の知恵から学べ
江戸時代中期に観相学の祖とも言われ、「節食開運説」という現代でも通じる大変重要な説を唱えた水野南北という人物がいました。
彼の教えは今の時代だからこそ耳を傾けねばならないことだらけです。水野南北が唱えた「節食開運説」は実にシンプルかつ的を射ています。
水野南北は、自身の体験と他の多くの人を観てきた経験から少量の食事を心がける人は運が開け、健康になり、吉相な人相となることを悟りました。

彼は、大人になるまで不運と度重なる悪事により牢屋に入れられた後、「悪運の相で一年以内に剣難に会い死ぬだろう」と著名な易者に言われ、人生最悪の終わりが来ることを悟ります。
易者は彼に「ただし、出家し、1年麦と大豆だけで質素に過ごせば難から逃げられる」と告げます。彼はそれを忠実に実行し、1年後再びその易者に会うと、すっかり悪運の相が消えていると驚かれます。
以後、水野南北は、自身の人生を観相家として多くの人の為に費やし、食の量や質で人生が好転することを広め偉大な観相家へとなっていきました。

確かに現代でも成功者に小食な人は多いのです。1日1食か1日2食で、食べる物も旬の野菜やフルーツを取り入れながらオーガニックな食材をバランス良く量を調節しながら食べています。 
成功者ほど常に自分にストイックで、どうしたら最高のパフォーマンスが発揮できるか、病気にならず強い健康体を維持できるかを考えると小食に行き着くんでしょうね。
面白いのは、元々人相が良い(吉相)の人も適量以上の食事や暴飲暴食をしている人は、生涯良い運勢といかなくなると言われており、一方であまり人相が良くない人(まさに若い頃の水野南北のような人)でも、小食であれば運勢は吉へと転じ、晩年になる程運が良くなっていくそうです。

つまり、とにかく食の質と小食を心がければ、良い運勢の人生歯車がドンドン加速していくという事です。

健康面において江戸時代では科学的な研究はなかったので、まさに水野南北による研究や経験などから出た結論だったのですが、現代ではその食べない健康法の効果が立証されています。
また、小食で空腹を感じる時間を持っている人ほど、集中力アップや質の良い睡眠が取れることも分かってきています。

結果として、心身が健康だと人生を前向きに考え、人相も良くなり運気が上がるのでしょう。
ヨガに「腹六分目で老いを忘れる」という有名な教えもあります。どの時代、どの世界でも人類の生命の真理とは、食の量と質が全てということが分かっているのです。
とは言え、早く死んでもいいから美味しいものを毎日いっぱい食べて死にたい!と思っている人もいますし、健康な人生を送りたい、あるいは心身を磨くために小食な生活を送っている人もいます。

自分の人生の選択は自分でしかできませんから、どんな食の生き方をしたいかは個人の自由です。
しかし、大事なことは食が自分の運気と限りなく隣り合わせであること。それを知っているのと知らないのとでは人生が大きく変わるということです。
いまの飽食の世の中ではその考えは皆無なんでしょうか、、、
人生は一度きり。どうせなら良い運勢・幸せな人生を過ごすため、食との関係を注目してみてはいかがでしょうか。

飲み過ぎ&食べ過ぎ、デトックスのおともにも!
【Sakunaオンラインショップ】