昨夜のスーパームーン

こんにちは。サクナの松成です。
ここ数日体がだるい…とか頭痛がするとか、眠れない….など、体調不良の方が多くいらっしゃいましたが、みなさんは大丈夫でしたか?
私も3日前くらいから異常行動がでて、おかしいな~???
今月の満月は強いな~~と思っていたところ、理由が分かりました!

満月でも今年最大のスーパームーン!!
カレンダーでは4日が満月ですが、満月の瞬間は4日の0時47分。
今日も大きいですが、3日の深夜ということだったのですね。

図は今年最も小さい満月と、今夜見ることができる最も大きい満月を比較したものです。
こうして見ると、その差は一目瞭然!同じ月でもこんなに大きさが違います。
NASA(アメリカ航空宇宙局)によると、今夜の月は地球との距離が近く、いつもより大きく見えるスーパームーンで、最も小さい満月と比べて約14%大きく、約30%明るく見えると言われています。
ただ、実際の空では図のように並べて比較することが出来ないため、その大きさを実感することは非常に難しいと言えます。

満月とか新月とか、潮の満ち引きなんかも、全く感じないし分からない~なんて方も多いですけど、無意識….気が付いていないだけな事も多いです。
実際に、影響を全く受けない方もいらっしゃるのでしょうが。。
原因不明の体調不良や、精神不安定など、見えない力のせいかもしれません。
ちょっとだけ意識してみてはいかがでしょうか。
人生、ちょっとだけ生きやすくなるかもしれません(^^)

どどんと入荷!

こんにちは。サクナの松成です。
11月は前半暇ひまだったのですが…後半も後半に入りどっと忙しくなりまして!
いつもご愛用のお客様、誠にありがとうございます♡♡♡

よって、商品の入出荷がバタバタいたしまして~~。
1日はやく、本日どどんと入荷いたしました!
ふぅ~~間に合ってよかったです(^^)

今日も長年ご愛用頂いているお客様から、効果効能の素晴らしさをずっとお伺いしておりまして…たくさんの感謝のお言葉を頂きました。
ずっとお聞きしてて思わず感涙、電話口の言葉がつまりそうになりました(TT)
大好きな仕事を捨ててこの厳しい健康業界で起業したわけですが、これほど嬉しいことはありません。
私の方こそ感謝をしてもしてもしきれないです。

さて12月はサクナもですが、佐川急便はもっと繁忙期です。
ご希望のお届け日時が難しい場合もございますが…精一杯の対応をさせて頂きます。
ご注文はできるだけお早目に、お願いいたしますね!
【Sakunaオンラインショップ】

ご注文混み合ってます!

こんにちは。サクナの松成です。
今年は、紅葉がとてもキレイみたいですね~(^^)
急にグッと冷え込んで、朝晩が寒くなったから、美しく色づいてるのでしょうね。
なかなか紅葉を愛でる余裕はないのですが、SNSでじゃんじゃんUPされる画像にうっとりです。

さて、11月もあと少しとなり、サクナのご注文も混み合ってまいりました。
いつもご愛用下さり、ありがとうございます。
お待ち頂いているお客様、商品続々入荷中ですので~今しばらくお待ちくださいね!
さらに12月は、佐川急便も混み合います。
お届け日時にご希望がある方は、お早目にお願いいたします。

サクナ以外でも、かなり売れてる様子!

今年もあと少し!

こんにちは。サクナの松成です。
いや~~今日は風も強くて寒かった。。。
またさらに冷え込むみたいで、もう完全に冬ですね。
衣替えが間に合いませーん(汗)

サクナが移転してから、2年が過ぎようとしています。
2年前の今頃は、移転準備でバッタバタの頃でした。
1年1年、本当にあっという間に過ぎて行きますね~。

結構いろんな方から、今年のマラソン状況を聞かれます(^^)
そーですよね、ブログにもRUNの事いっぱい記事にしてましたもんね。
なんと!今年は、ピアノ&フルート三昧なんですよ!!
来月….11月に演奏会があるので、絶賛猛練習中です♪
ちゃんと人前で弾くのは20年超ぶりになるかなぁ。
ご近所さん遅くまでごめんなさい(^^;;

今年もあと少し….約2ヶ月となりましたね!
ひえ~~カレンダー見てると焦りますです(滝汗)
体調を整えて、悔いのない2017年を過ごしましょう!!
お肌のお手入れも忘れずにね(^^)/
【Sakunaオンラインショップ】

主治医への不信感

こんにちは。サクナの松成です。
本当にガンが多く、サクナでもガンの話が尽きないです。
今はネットの情報も増えたからと言えますが、こうした医療不信が多い現実。。
ガン検診にガン治療、これによって生死の分かれ目はどこなんだろう…..と考えさせられる日々です。

【医療Q&A】妹の死に関して、主治医への不信感が拭えません [mi-mollet]10/24(火) 14:00配信

Q.妹の死に関して、主治医への不信感が拭えません。

私はこの6月に妹を看取りました。46歳独身、子宮頸がんでした。妹は20代後半で乳ガンが見つかり、3度摘出して経過観察で生活をしていました。そんなとき子宮頸がんの疑いが出てきました。妹は当初、子宮頸がんの担当医をとても信頼していたし、実際、丁寧に診てくださっていました。
最初の円錐切除の際は、「これで病気とはサヨナラできますよ。妊娠も可能ですよ」と言われたのですが、術後、思ったより進行しているとのことで、翌月、子宮を全摘しました。妹の癌は、円錐切除もかなり鋭角に奥まで切除が必要な珍しいパターンだった、とのこと。その後、放射線治療も受けましたが、翌年秋には再発が見つかり、亡くなりました。
妹は10年間、3ヶ月~半年に1回、検査を続けていました。検査結果がグレー続きならば早めに円錐切除をしたいと相談したこともありましたし、二度ほどペットを撮らなくて大丈夫かと聞いたこともありましたが、今は手術をするほどではないし、ペットはかえって被爆してしまう、と却下されていたのです
恨みを言っても現実は変わりませんが、疑問を晴らしたい思いに駆られています。それは意味のないことなのでしょうか。妹の死は天命で仕方ないことだったのでしょうか。訴訟を起こしたいなどとは思っていません。ただ、どこかにターニングポイントがなかったのか、そして私や娘はどのようにしたら病気を回避できるのか、知りたいのです。(54歳)

本回答はリンク先でご覧ください。
結局、ガンの検査もガンの治療も、100%のものはないのです。
後悔しないよう、自分の身体は自分で守る。
その覚悟を持って、日々大切に過ごしたいですね。
アンチエイジング、予防医学にお役立て下さいませ(^^)/
【Sakunaオンラインショップ】