本当の名医は薬を減らす!

こんにちは。サクナの松成です。
健康診断は別として、何か体の不調が出るから病院へ行くわけで。。
たとえば、風邪で病院に行ったのに、「安静にして寝ていれば治りますよ」と言われて薬の処方がなかったらどうでしょう。
「なんというヤブ医者だー!」と言って怒り出す声が聞こえそう(笑)

うちの母が眩暈で病院へ行った時、「しっかり運動をしましょう」と言われて、薬がでなかったので、父が怒ってました…(・ε・)
あ~~眩暈で何の薬処方するのか気になってましたが、良心的な医者でよかったよかった。

サクナのお客様では、”薬をたくさん飲むのはイヤ!””できるだけ薬を飲みたくない”と思われてる方が多いのですが、世の中は逆なんですよね。。。
『治療=クスリ』
確かに薬のおかげで症状は抑えられる。しかし根本治療ではない。。
本来重要な食事療法や運動療法など、本人の生活習慣や意識改革が必要な事を指導できる先生は、とっても少数派。
分かっててもできない、って現状があるんですね。。。

⇒本当の名医は薬を減らす! 患者によくある「大誤解」 

せっかく病院に来たのだから、なにか薬を出してもらわないと納得できない――そう思っている患者は意外に多い。
「薬をたくさん欲しがる患者さんは必ずいますね。特に大病院で何時間も待たされて、診察時間も短いとなにか『お土産』がないと満足できないのでしょう。
混雑している外来では、医者も時間をかけて『そのような薬は必要ありません』と患者を説得するよりも、さっさと処方して患者に帰ってもらうほうが楽なので、無駄な薬を出しがちになる」(麻酔科医の筒井冨美氏)

薬が出ないと診てもらった気がしない――その気持ちはわからないでもないが、根底には薬に対する患者の大きな誤解がある。新宿ミネルバクリニック院長の仲田洋美氏が語る。
「とりわけ最近では高齢者のポリファーマシー(多剤投与)が問題になっています。
薬の臨床試験は基本的に若い人を対象にシンプルな条件下で行われていて、実際に飲んだ時の相互作用については未知数の部分も大きい。だから10種類以上も薬を飲んでいる患者さんの場合、どんな副作用が起こるのか誰にも把握しきれないのです。
それでも山のように薬を出す医者はいまだに存在しています。本当に無責任な医療行為です。
患者さんのことを本当に考えたら、薬の処方は必要最低限にするべきですが、患者に向き合って話し合うのが面倒くさいから、とりあえず処方している。薬をたくさん出してくれるのがいいお医者さんだなんて、とんでもない誤解ですよ」
典型的なのは、風邪の患者に対して抗生剤を出す医者だ。
「抗生剤は細菌感染症に対する薬です。風邪はウイルス感染ですので、抗生剤を飲むことで風邪が治ることはありません。
風邪に特効薬はないので、基本的には対症療法しかありません。咳が出てつらいなら咳止め、喉が痛いなら痛み止め、高熱が続くなら解熱剤という具合です。
しかし、風邪には抗生剤が効くと信じ込んでいる患者も多く、いちいち説明する手間を省くために処方する医者がいまだにいます」
(医療ガバナンス研究所・樋口朝霞氏)

よその病院から移ってきた患者に、前の病院で処方されていた薬をやめさせるのが難しいという事情もある。神奈川県のクリニックに勤める内科医が語る。
「前の病院で降圧剤だけで4種類も出されていた患者さんがいました。他にも糖尿病の薬、高コレステロール血症の薬、精神安定剤、眠剤など計12種類もの薬を飲んでいました。
『ちょっと薬の数が多いですね』と断薬を勧めたのですが、『薬をやめても血圧が上がらないと保証できるのか』と言われてしまい、そのままになっています。
本当は薬を飲むこと自体が身体に負担をかけているのですが、もし降圧剤を減らして血圧が急上昇でもしたら、患者さんから訴えられるのが恐ろしいですからね。
本来はきめ細かい生活指導で塩分摂取量を減らしたり、定期的に運動したりするよう勧めるのがスジなのですが、そんなことをしても診療報酬が増えるわけではありません。実は薬を出すよりも、薬を減らすことのほうがよほど難しいのです

とりわけ精神安定剤のような精神科系の薬はやめるのが難しい。急にやめると離脱症状(禁断症状)が出るからだ。
「つい最近まで非常によく処方されていた薬にデパスという精神安定剤があります。気軽に処方できるので、肩こりの治療にも処方されていたくらいです。
しかしこの薬は非常に依存性が強く、出してくれとしつこくねだる患者が多くて困ります。長年服用していた薬を急にやめると、イライラ感、頭痛、動悸や悪心などの離脱症状が起きる場合があるので、医師の細かい指導が必要になってきます」(前出の内科医)
日本老年医学会は高齢者のポリファーマシーを問題視し、薬の種類が6種類以上になると副作用の頻度が急増するため、減薬するように勧めている。減薬のために患者と向き合おうとせず、薬をバンバン出すような内科医は、名医どころかヤブの典型なのだ

自信満々で手術に挑もうとする外科医も危険な存在だ。心臓外科の第一人者として有名な昭和大学横浜市北部病院循環器センター教授の南淵明宏氏が語る。
「たとえば海外に留学して新しい手術法を習得してきたという外科医にこのタイプが多いですね。
最新の技術ということでマスコミにももてはやされて、国際学会などでも偉そうに演説をぶつのですが、必ずしも結果が伴わない。ということは何人か『犠牲者』が出ることになります。そのような医者はすぐに業界から消えてしまいますが……」
外科医にとって自らの存在理由は「手術」しかない。だから当然、手術を行って成功することが使命だと考えている。そしてそのために、患者を手術の「実験台」としか見ない外科医もいる。
「前立腺がんの手術に、ダ・ヴィンチという手術支援ロボットを使う方法があります。鮮明な3D画像を見ながら、細かい作業を可能にする画期的な機械であることは確かなのですが、そもそも前立腺がんの手術が必要かどうかという問題があります。
とくに70歳を超えた高齢者の場合、前立腺がんの進行はゆっくりしているので、手術を行うことによる排尿障害などの後遺症の可能性を考えると、手術が最良の選択肢とはいえず、経過を観察したほうがいい場合のほうが多い」(前出の内科医)
ところが手術のためのロボットを病院が導入してしまえば、手術をしないと機械購入のための経費が回収できない。鳴り物入りの新技術で売っている外科としては少しでも手術数を増やしたい気持ちもあるだろう。こうして患者不在の観点で、手術が執り行われることもままあるのだ。
関西の拠点病院勤務の看護師が語る。
「最近では高齢者でも体力がある患者さんが増えて、亡くなるギリギリまで手術を希望される方がいます。外科医には、できるだけそういう期待に応えようとする人が多いですね。
正直、看護師の立場から見ていると、緩和ケアに切り替えたほうがいいのではないかと思うこともあるのですが、『こないだは80歳を超えた患者さんの手術に成功したよ』と自慢げに語る医者も多いですね」
確かに手術自体には成功したかもしれない。だが、手術による体力の低下で生活の質ががらっと変わってしまうケースもある。
たとえば胃の摘出手術をすれば、食べることの楽しみが大きく損なわれる。がんと共存しながら残りの人生を家族と一緒に過ごすという選択肢もあったはず。
本当の名医とは、薬や手術の誘惑と戦い、時にはそれを自制することもできる医者なのだ。
「週刊現代」2017年5月20日号より

免疫力を保つ基本

こんにちは。サクナの松成です。
もう沖縄が梅雨入りですってー!?
今日は晴れの国岡山も午後からしっかり雨が降っていて、ちょっと肌寒いです。
肩や足腰など、身体が強張ったり、頭痛がしたり。。
こうゆー時は体調を崩しやすいので、要注意ですね。

薄着は厳禁。
そして、体の芯からあたたまるような食事をしたいものです。
冷たいものよりもあたたかい飲み物を選ぶ。(冷たいビールは美味しいけどね 笑)
・あたたかいスープやみそ汁を意識して食べる。
・生野菜ではなく、温野菜を食べる。
・体を冷やす食べ物ではなく、陽性食品を心がける。
・生姜や唐辛子を意識して食べる。

ダイエットなどで食べない事によっても消費エネルギーは落ちてしまうので、食事は大切ですね。
体を冷やさないよう…食べてしっかり動く。
基本はとってもシンプルですね。

病の災いより薬の災い多し

こんにちは。サクナの松成です。
「薬は皆、偏性ある物なれば、其病に応ぜざれば、必毒となる。
此故に、一切の病に、みだりに薬を服すべからず。
病の災いより薬の災い多し。」
貝原 益軒

あー”認知症の薬”までもが副作用か。。。
やっぱり薬の副作用はコワイですね。
一般的には「すぐに病院へ行って早期治療する事が良い」と思われていますが、本当に何が一番正しい選択なのかは、何とも言い難いところです。。

⇒薬を飲んだら暴力的に…穏やかな性格を狂わす副作用

親や配偶者が認知症と診断され、詳しい説明もなくアリセプトなどの抗認知症薬を処方されたら、「なぜその薬が必要なのか」と徹底的に医師に確認した方がいい。

 もし、納得のいく答えが返ってこなければ、医療機関や医師を替えることも検討すべきだ。

「認知症の周辺症状(暴力、妄想、抑うつ、不眠、徘徊など)には、抗認知症薬は効かないどころか、かえって周辺症状がひどくなるケースが珍しくない。あまりの変貌ぶりに『どうしたらいいのか』と駆け込んでくるご家族もたくさんいる」

 こう話すのは、在宅医療の第一人者で、「認知症の薬をやめると認知症がよくなる人がいるって本当ですか?」など認知症関連の著書が多数ある「長尾クリニック」の長尾和宏院長だ。

 ある70代の女性は、アルツハイマー型認知症の夫に、かかりつけ医から処方された抗認知症薬を飲ませたところ、興奮状態が増し、大声で暴言を吐いた。

調理をしている時、振り向くと、夫がわめきながら包丁を振り回していたこともあった。この時は、殺されるのではないかとの恐怖まで抱いた。夫は認知症を発症するまでは非常に穏やかな性格で、発症後も認知機能の低下はあるものの、暴言や攻撃的な行動は見られなかった。

 ところが、かかりつけ医に「夫が暴れるのは薬の影響ではないか」と聞いても、「薬をやめれば認知症が悪化する」と反論されたうえに抗精神病薬も処方された。

 結局、抗認知症薬をやめたのは、離れて暮らしていた息子の勇気があったからだ。抗精神病薬でおとなしくなったが寝たきり状態になり、感情もほとんど表さなくなった父親を見た息子が、強引に別の医療機関へ連れていき抗認知症薬を中止できた。

 抗認知症薬をやめてしばらくすると、夫は再び歩けるようになり、暴言や攻撃的な行動も治まり、穏やかになった。

認知症の周辺症状に対する抗認知症薬には、アリセプト、リバスタッチパッチ、レミニール、メマリーがある。

 これらの薬は、階段を上るように最高量まで増量していく規定が定められ、もし守らなければ保険審査が通らず、医療機関にペナルティーが科せられていた。そのため機械的に増量されていたが、長尾医師が代表を務める「抗認知症薬の適量処方を実現する会」の活動が実り、昨年6月1日に撤廃された。しかし周知が十分ではなく「増量規定の撤廃」をまだ知らない医師が大半だという。

「薬にはさまざまな副作用もあるので、その時のその人に合う適量を探して処方すべきです。しかし現実には誤診、誤処方だらけで、多くの人が薬の副作用で苦しんでいる。『医原性(医療行為が原因の疾患)の認知症』だらけです」(長尾医師)

 本人は口に出して処方を拒否できない。人間の尊厳を守れるのは、家族であるあなただけだ。(転載終了)

救急医療で救える命はあるけれども、基本的に薬は毒です。
安易に薬を常用したり、薬をたくさん処方する医者には要注意。
私なら、認知症の疑いが出たら【レ・レスベラトロール】で治療だな!

春の不調対策

こんにちは。サクナの松成です。
今年はあっという間の桜….ちょっとさみしいですね。
でもあちこちで春のお花が咲き、暖かくなるとウキウキ♪

しかーし!
その逆で、春になると体調が悪くなる人の方が多いのです。
季節の変わり目でも、冬から春にかけて….ですね。
冬から春へは、かなりのエネルギーが必要なので、それについていけないと、体調が悪くなったり、プチ鬱気味になったりイライラしたり。。
花粉症の方はもっとですよね。心身ともに、不調になりやすいです。
あるアンケートでも、春の不調の上位は、肩こり・冷え性・花粉症・疲労感・倦怠感。

私も実は、春ってあんまり好きじゃないです(^^;
夏は大好きなんですけどねー!
体は元気でも、メンタル面がダメダメになりやすいのですよ。。
意外(って言われた 笑)でしょう?結構、繊細な方なんです。

朝晩の気温、寒暖の差が激しいと、自律神経が乱れてくるので、体の機能がついてこない事も。
5月病なーんて、そんな先までグダグダしたくないですよね!
しっかり春の不調対策、心がけましょう(^^)/
・春はムリしないで、よく眠る事。
・春うららに嬉しくなって、テンションを上げ過ぎない事。
・ちょっぴりスイーツ、砂糖を避ける事。(できる人は砂糖断ち!)
・運動をしっかりする。
・好きな事、楽しい事をする。
・ビタミンC、レスベラトロールなど抗酸化作用のある食品をしっかり摂取する。

いちごの美容と健康効果

こんにちは。サクナの松成です。
最近SNSなどあちこちで、「いちご狩りに行って来ましたー!」という投稿を見るので、私も行きたいな~と思ってみたら、まービックリ!
岡山のサウスビレッジで、大人40分1800円。
時間制限に加えて、結構お高いのね~~。
食べ放題と言われてもねー40分間イチゴしか食べられないって、さすが食いしん坊の私もうれしくないなあ(笑)

そんなことなら1800円分いちごを買って、食べちゃおうじゃないの!
ってことで、先日からいちご三昧!!
サクナご近所の果物屋さんで、岡山県産のフレッシュないちご♪
甘くてうま~~~い(^0^)/
1パック298円だから、まだまだ食べれるゾー(笑)

ビタミンCが豊富ないちごは、美容効果バツグンな事はもうご存知ですよね。
過去記事にも書いてましたね。
やっぱり赤い色素のものは、見るだけでも元気になるし、明らかに良さそうですよね(^^)
お肌に良いだけでなく、健康効果がいっぱいあるのにも注目です!
【イチゴの効能】
・美白、美肌づくり
・疲労回復
・ストレス緩和
・風邪、気管支炎の予防・改善
・貧血
・腸を整え、腸内の有害物質や脂肪の排出
・むくみ予防
・頭痛の改善
・抗コレステロール・抗動脈硬化など、生活習慣病予防
・高血圧予防・改善

私はいちごを食べる時、デザートとして食べる以外に、ごはんの前にちょこっと食べる時も。
いちごに含まれるクエン酸、リンゴ酸などの有機酸が、食前に食べると胃液の分泌が増し、消化促進になるからです~。

あ、食べる際に洗う時は、へたを取らずに洗ってますよね?
へたをとってしまうと、ビタミンCが流れ出てしまうそうです!
さあ、しっかりイチゴを頂きましょう(^^)/
そして、サクナの持続型ビタミンC、レスベラトロールで、細目に細胞のケアを☆