ビタミンCで紫外線対策!

こんにちは。サクナの松成です。
私が20代の頃は、同年代でサプリを飲んでいる人は少なかったけれども、今は10代や20代でもサプリを飲んでいる人が多くなりましたね。
30代以上ともなると、トーゼン!みたいな(^^)
あれこれ飲むのは自由ですけど、まずは何をさておき”ビタミンC”を十分補給してからのことですよ!!
強力な紫外線が降り注ぐこの季節、シミをつくらないためにも、まずは”ビタミンC”で美白ケアしてあげましょう!

【ビタミンC豆知識】メラニンとビタミンC

シミやソバカスの原因として知られているメラニン色素ですが、実は私たちの体を守る大切な働きをしていることはご存知でしょうか。

メラニン色素を作る色素細胞(メラノサイト)は皮膚の表皮にある新しい細胞が作られる層(基底層)に点在しています。
お肌が紫外線にさらされると、細胞を傷つける活性酸素が発生します。
この活性酸素から肌の細胞を守るために、メラノサイト内でチロシンというアミノ酸が酵素によって変化し、メラニン色素が作られます。
この時に起こる皮膚の黒化が日焼けです。
もしメラニン色素ができなかったら、紫外線が皮膚の奥まで入り込んで炎症を起こし、さらにはDNAを破壊し、皮膚ガンを引き起こします。
メラニン色素を含んだ細胞はお肌のターンオーバーにより古い角質となってはがれ落ち、通常2~3カ月すると元の肌の色に戻ります。

シミやソバカスができるのは、お肌の新陳代謝が低下したり、メラニン色素をつくる機能が活性化されたままの状態になり、色素沈着が起こるからです。

シミは30歳以上の女性に多くでき、原因は紫外線の他に、女性ホルモン、妊娠、化粧品かぶれ、ストレスなどがあります
ソバカスは思春期の頃に現れ、メラノサイトの一部が先天的に壊れているために、紫外線などによって多くのメラニン色素ができるのです。
つまりシミは後天的なものであり、ソバカスは遺伝的なものなのです。

シミやソバカスを防ぐには、日傘や帽子、日焼け止めクリームなどを利用して、まず紫外線に無防備に当たらないように心がけましょう。
そして活性酸素を増加させる要因は紫外線だけではありません。
規則正しい生活をして、ストレスや睡眠不足、喫煙は避けましょう。

また、ビタミンCはシミ対策としてよく知られていますが、これはビタミンCがチロシンからメラニンが作られる際の酵素の活動を抑える働きがあるからです。
ビタミンCもしっかり摂りましょう。(アスコルバイオ通信)

【Sakuna(サクナ)】
岡山市北区駅元町29-13-2A
0120-060-397
*サクナ・オンラインショップ*

まずはビタミンCをたっぷりと!

こんにちは。サクナの松成です。
今年のゴールデンウィークは、ずっといいお天気が続くといいですね~。
日中は暑いくらい、ぽかぽか陽気でしょうね♪
さーて、こーなるとやっぱり気になる紫外線!
UV対策は年中必要ですが、”春の紫外線はUVA”ですから、光が肌細胞の奥まで入ってきます。
夏の強力なUVBのように赤くなったりしない分すぐ分からないので、肌老化や眼のダメージが大変怖いです。

ビタミンCを多く必要とする臓器は、副腎、白血球、脳、水晶体(眼)、皮膚、、などです。
実際、ビタミンCをたくさん摂っている人は、白内障が少ないそうです。
水晶体は、太陽光などによる活性酸素の影響を受けやすく、何十年にもわたる影響の結果が白内障です。
疲れやすかったり、風邪など病気にかかりやすい人、ガンの方なんかは、ビタミンCの血中濃度が劇的に少ないと言われています。
意外と脳がビタミンCを欲しがるんですね~~鬱や認知症、アルツハイマーなど脳の問題もビタミンCと関係を疑いますね。

これからどんどん日差しが強くなり、体や目が疲れやすくなったり、お肌の日焼けが気になったりする時。
美容の面でもビタミンC補給は必須です!!
まずはビタミンCをたっぷり与えてあげましょう♪
良質なアスコルビン酸をね(^^)/
【体内でゆっくり吸収!高機能ビタミン!プロビタC】

高濃度ビタミンC点滴療法のサポートに開発されたゲルタイプ。
さらなる高機能を求められる方への、プレミアムビタミンC!
※こちらは店頭&TELにてご注文承ります。

死ぬまで一生ビタミンC!

こんにちは。サクナの松成です。
三寒四温、またちょっと寒くなりますね。
冬の寒さより、春の寒さの方が嫌なのは私だけかしら?
でも日差しは完全に春…ということは、これから紫外線も気になりますね。
紫外線予防にも”ビタミンC”が欠かせませぬ。

さて、ほとんどの動物は自分でビタミンCをつくりだし、酸化から体を防御できるようになっています。
人間はビタミンCをつくりだせない為、積極的に自らが摂取しないといけないんですね~。
なのでサプリメントで補う場合も、老化が進んだ大人だけが飲めばいいとは限らないんですね。
お子様から大人まで、すべての方に必要不可欠な栄養素なのです。

<こども>
・脳の神経突起伸長
・カルシウム吸収
・免疫力アップ

<成人>
・ストレス緩和
・中性脂肪除去
・糖尿病予防
・タバコ・アルコールの毒性を無毒化
・肝臓でのコレステロール分解促進
・コラーゲン生成
・メラニン生成を抑制
・鉄分吸収
・便秘予防

<妊婦・授乳婦>
・鉄分吸収
・カルシウム吸収
・免疫力アップ
・ストレス緩和
・葉酸の代謝

<高齢者>
・免疫力アップ
・白内障の予防、進行抑制
・記憶・集中・認知に関わる脳の機能に関与

この他にも、細かく分けるとたくさんありますね。
美容はもちろん、健康には欠かせないのがビタミンCです(^^)/
安定・持続型ビタミン【プロビタC60包入6.171円】

【Sakuna(サクナ)】
岡山市北区駅元町29-13藤井ビル2A(日祝定休)
TEL/FAX:086-252-7738

花粉症にもビタミンC!

こんにちは。サクナの松成です。
3月に入り気持ちはもう春なんですが、まだ寒いですよね~。
まだインフルエンザになっている人、結構聞きますよ!油断禁物です!!
しかし、またまた花粉症の時期がやってきましたね。
毎年『花粉症』で苦しんでいる人たちを見ると、本当にお気の毒になります。。
薬に頼れば一時的に楽になりますが、必ず副作用がついてまわります。
根本的に体質を改善していくべきですね。

⇒【花粉症対策】レスベラトロールの威力

意外と身近なものを見逃しているのが『ビタミンC』
すべての病気は、ビタミンCが不足していて、一番に補給すべきものだと私は思っています。
ビタミンCは、熱や光、空気に触れると簡単に分解して壊れてしまう繊細な物質。
さらに、水溶性ビタミン故に、たくさん摂っても2~3時間後には尿と一緒に排出されてしまうという欠点があります。
それなのに、環境的、精神的ストレスによっても、ビタミンCは大量に奪われてしまうのです。

ビタミンCには抗ヒスタミン作用があり、ビタミンC が花粉症の症状に対して有効であるという研究も過去に発表されています。

・ドイツ・ブルックリンのメソジスト病院の研究者らが行った「ビタミンCとアレルギー反応の抑制研究」では、1日1000㎎のビタミンCを3日間服用した患者の血中ヒスタミン濃度は大幅に減少した。
・イタリアの研究では花粉症患者に1日2000㎎のビタミンCを投与すると、気道が良い状態で維持されたとの報告。
・ニュージャージー医科歯科大学教授のリチャード・ポテル氏は「ビタミンCを定期的に摂れば慢性アレルギーの症状を和らげる」と報告。

毎日のビタミンCを十分摂取していますか?
あなたの細胞達は、皆満足しているでしょうか?
体内でゆっくり吸収されるビタミンCなら、とっても有効的!
すべての病気の予防に、老化対策に、美容のケアに一番重要ですので、しっかり補給してあげて下さいね(^-^)/
【持続型ビタミンC!プロビタC】

【Sakuna(サクナ)】
岡山市北区駅元町29-13-2A
0120-060-397

ポーリング博士の7つの健康法

こんにちは。サクナの松成です。
ビタミンCを誰よりも愛した研究者、ポーリング博士は大変興味深いです。
予防医学は病院に行って検査することじゃなく、セルフケア!自分でするものです。

【L・ポーリング博士 と ビタミンC】

L・ポーリング(Linus Carl Pauling、米国の量子化学者、生化学者、医療研究者、1901年-1994年)は量子力学を化学に応用した先駆者であり、化学結合の原理を明らかにした業績により、1954年にノーベル化学賞に輝いた。
1960年~1970年代の米国において予防医療の分野をリードしていた研究者であり、また同時に医療従事者であることも、今日では医療関係者ならずとも誰もが知っている事実である。

予防医療の基本は栄養バランスのとれた食事、適度な運動と疲れを持ち越さないためのストレス解消法を実行することに尽きる。

その結果として生体防御機能、特に免疫力が高まり、風邪やがん、さらには心臓疾患などの生活習慣病が予防され、自然治癒が導かれることは今日では常識となっているが、ポーリングは1960年当時すでにこのことを喝破していた。

ポーリングは大量のビタミンCや他の栄養素を摂取する健康法を提唱し、更にこの着想を一般化させて分子矯正医学学説を提唱した。
この説は当時伝統的な医学会からは非正統的と看做されがちであったが、彼の予防医療の啓蒙活動が功を奏し、米国の心臓疾患罹患率が20%近くも減少したことは高く評価されるべきであり、今こそ、西洋医学と東洋医学が合体した統合医療へのシフトが望まれるところである。

ポーリングはビタミンCを誰よりも愛した研究者であり、自らの研究により、風邪やガン、さらには心臓疾患などの予防と治療に比較的高用量のビタミンCが有効であることを明らかにするとともに、多くの著書の中で、分子矯正医学の概念、分析、研究、及び洞察を説き、予防医療の大切さについての啓蒙に努力し、自らも大量(10~20g)のビタミンCを服用し続けた実践者でもあった。

ポーリングがビタミンCの大量療法に興味を抱いたのは、カナダの精神科医のオスモンドらにより精神分裂病に大量のビタミン剤が処方されていることを偶然知ったのがきっかけであった。
ナイアシンが当時の所要量の千倍近い量が使われていたのである。
これほどの量でもビタミン剤は安全に使うことができると言う驚きと、ビタミンは微量の栄養素であるという一般概念とのギャップに興味を持ち、ビタミンCの大量療法の可能性とメリットを追求することの価値を悟ったのである。

現代科学は、ビタミンC欠乏症(壊血病)の予防・治療量の閾値をはるかに越えたビタミンCが示す生理作用、薬理作用量が生体防御機能(神経、免疫、内分泌、解毒、細胞修復、抗酸化など)を高め、生活習慣病を予防し、アンチエイジングに貢献しているとの多くのデータを示している。そのきっかけを作った人物こそポーリングであると言っても過言ではない。

【ポーリングが自ら実行していた7つの健康法】

●【多量に水を飲む】
水は最大の栄養素であり、体の約60%を占める。1日2リットル以上は水分をとる。

●【大量にビタミンCを摂る】
人間は他の動物と違い体の中でビタミンCを作れない。したがって1日2,000mg(2g)以上を摂る。
果物でビタミンCが最も多く含まれているイチゴでも100gに約80mg。
足りない分はサプリメント(ビタミンC剤)で補給。

●【糖分の摂取を控える】
1日に必要なショ糖は8g。
自販機で販売されている炭酸飲料コップ1杯だけで14g~20g含まれている。

●【十分な睡眠をとる】
7時間から9時間。

●【お酒はほどほど、禁煙】
守れない人は大量にビタミンCを摂取する(3g以上)。 

●【適度な運動】
好きな運動(有酸素運動)を継続的に行う。

●【ストレスの回避】
ストレスによってビタミンCの血中濃度が下がり、諸病を引き起こす。
したがって好きな仕事をする。家族もしくは恋人と楽しく過ごす。