GABAはストレス社会に必須!

こんにちは。サクナの松成です。
GABA(ギャバ)は、正式には「ガンマ-アミノ酪酸」と呼ばれ、アミノ酸の一種なのですが、たんぱく質を形作っている18種類のアミノ酸とは異なり、特に哺乳動物の脳や脊髄に存在しています。
ギャバは、脳や脊髄に存在する抑制系の神経伝達物質として脳内の血流を活発にし、酸素供給量を増やしたり、脳細胞の代謝機能を高める働きがあることが分かっています。脳の興奮やパニック、神経が高ぶったときに抑制する働きをしています。

一番期待される効果はストレスの緩和。ストレスによるイライラをやわらげ、ストレス性の不眠などの改善です。
健康な人の脳波測定の結果「ギャバの摂取により、リラックスしたときに現れるα波が上昇し、リラックスしていることがわかった」との報告もあります。

ストレスからくる睡眠障害やうつ病、自律神経失調症などの予防などにも効果が大きく期待されています。
医療で使われる精神安定剤などの薬には、脳内のギャバの働きを強める成分が使われています。
また、てんかんの患者や、パーキンソン病などの患者の髄液中にはギャバの量が少ないことが分かってから、さらに研究が進められ、いろいろな医薬品が治療に使われています。
さらに最近では、アルツハイマー型痴呆症の予防・改善にも期待できると話題を集めています。

【ギャバの効果・効能】
★ストレスの緩和(神経を鎮める)
★中性脂肪の減少
★血圧を下げる働き
★肝臓・腎臓の働きを高める
★不眠症の解消
★認知症の予防・改善

「レ・レスベラトロール」ドリンク には、GABA(ギャバ)も含まれています!
有効成分が贅沢に配合され、消化吸収されやすいカタチになっているからこそ、優れた効果、ありえない効果が続々でているのでしょうね!!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>