鼻呼吸の美容&健康効果が凄い!

こんにちは。サクナの松成です。
最近の子供たちを見ていると、お口がポカン・・と開いている子をよく見かけます。
うちの甥っ子もその気がありまして、たまに注意しましたが、うーんやはりこれは親の躾ですよね。。
今は口呼吸の子供たちは、約8割にもなるんだとか!
キリっとお口がしめれない子供は、バカに見えるだけでなく、免疫力が低下してしまうので、最悪なんですね~。それは、子供だけでなく、大人も一緒です。

⇒若返りに一番重要なこと
以前、呼吸の大切さを書きましたが、”呼吸の方法”も重要なんですよね。
【口呼吸】は、口の中の潤いを奪われ、乾燥してしまうので、せっかくの口内常在菌の働きも失ってしまいます。さらに、免疫力も低下してしまいます。
【口呼吸の悪影響】
・歯が出る
・顔のたるみ
・肌荒れ
・免疫力の低下
・二重あご
・いびき
・虫歯、口内炎になりやすい
・口臭

口呼吸で口の中が乾いてしまうことによって、美容と健康にも最悪なんですねー。
鼻は、天然の空気清浄器で、鼻から入ったバイ菌やアレルギーのもとは、鼻毛や鼻粘液のフィルターにからみ取られます。
鼻の奥にある扁桃リンパ組織が、悪い菌を肺に入らないように守ってくれます。

さらに、鼻呼吸は熱を持った頭、脳を直接冷やせる役目も持っています。
身体は温かく脳は涼しくという、まさに健康の基本。

一番重要な点は、唾液の分泌です。鼻呼吸することによって、口の中が常に潤った状態に。
唾液には、口内の洗浄や抗菌作用、歯や粘膜の保護作用、免疫作用などなど、とっても重要な働きがあります。

【鼻呼吸の効果】
・アンチエイジング
・代謝・免疫力アップ
・口臭、虫歯、歯周病予防
・集中力アップ
・むくみ予防
・いびき予防
・たるみ予防
・美肌効果
・安眠

すごいですね~~~!呼吸方法が違うと、こんなにもいいことが!!
呼吸法には、”鼻から吸って口からはく”、というものも多いですけど、できるだけ”鼻から吸って鼻からはく”という【鼻呼吸】だけにも意識していきたいです。
花粉症や鼻炎の方は辛いですけど、ちょっとでも心がけることで、予防できることもあると思います。
私が毎日しているアシュタンガヨガは、完全に鼻呼吸。お口は一切開かないんですよ(^^)

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>