高い尿酸値にもビタミンC!

こんにちは。サクナの松成です。
風が当たっても痛い~~痛風は、尿酸値が高い状態が続くことで、血液中の尿酸が関節に沈着、激しい痛みとともにちゃんと歩けなくなったりする病気です。
ものすごい激痛で仕事ができなくなるので、大変そうでしたね。。
昔は男性特有の病気だったのですが、近年は女性も増えているそうです。。
尿酸値を抑える働きもある女性ホルモンは、本当に重要ですね。

昨日の日刊ゲンダイで気になっていた記事。
少し前にサクナのお客様で尿酸値の事でご相談があり、ブログを下書きしていたのですが、医師のコラムを転載させて頂きました(^^)

⇒尿酸値が高いのは不健康なのか?
健康診断などで採血をして尿酸値が高いと指摘された経験がある方は多いと思います。尿酸値が高いことで起こりやすい病気といえば「痛風」です。お酒を飲んだ後などに、足の親指の付け根などが赤く腫れて、歩けないほどの痛みが襲うのです。

 それでは、痛風発作を起こしたことがなく、尿路結石のない場合でも、尿酸値が高いだけで薬を飲む必要があるのでしょうか? これは実はまだ決着のついていない問題です。最近、尿酸値が高いと腎臓病や高血圧、心臓病などが多いことが報告されています。もし尿酸値が高いことが原因となって、そうした病気が起こるのだとすると、「何も症状がなくても、尿酸値は薬で下げた方が健康に良い」ということになります。

今年のブリティッシュ・メディカル・ジャーナルという医学誌に掲載された論文によると、これまでの研究結果をまとめて解析した結果として、痛風と尿路結石以外の病気については、尿酸値を下げることによる治療効果は確認されませんでした。(転載終了)

そうなんです、サクナのご相談も健康診断で「尿酸値が高いから薬を飲みなさい」と言われたそうで。
痛風の症状が全くないのに、すぐに薬かよ。。。(><;
救急的な症状でなければ、薬を飲む前にすべきこと、、これを考えなくちゃ!
・食生活の見直し、改善
・ストレスため込んでないかな?
・運動
・まず”ビタミンC”補給!

なんと、ビタミンCは尿酸を運び出す働きもあるんです!
ビタミンCは、関節などにたまった尿酸を腎臓へ運び、排出を促します。
ですから、ビタミンCが不足することによって、尿酸値が高くなってしまう人がいるという事です。
以後そのお客様(40代男性)は、ずっと『プロビタC』を飲まれているのですが、とても調子が良いそうです。
あ~~よかったよかった(^0^)/
激痛でどうしようもなくなった痛風は、病院へ行かずにはいられないですけど、尿酸値が高いくらいですぐ薬に頼ってしまうのはやめたいですね。

サクナのビタミンCなら、ゆっくり吸収され体内で持続するビタミンCなので、高機能です。
中国産など、大量合成の安いアスコルビン酸とは違って高いですけど、素晴らしい商品です。
疲れたり、ちょっとでも体調不良があった時は、まずビタミンC補給ですよ!
【持続型ビタミン*プロビタC】

【持続型ビタミン*高濃度プロビタC】

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>