青色光によるハエの死亡原因

こんにちは。サクナの松成です。
今朝のニュース、すごく大事な記事ですね。
⇒ハエ、青い光を当てるとなぜ死ぬ? 山梨の高校生が解明 9/27(水) 8:11朝日新聞

韮崎高は生物研究部の平田匠部長(3年)が「青色光によるハエの死亡原因は本当に酸化ストレスなのか」の題で発表した。青い光にはハエなどに殺虫効果があることが知られているが、詳しい仕組みは分かっていないという。
平田さんはショウジョウバエを使い1年半がかりで実験。青い光を当てると、体内の活性酸素が細胞を傷つける「酸化ストレス」が強まり、細胞が自ら死ぬ「アポトーシス」を促すらしいことを突き止めた。

高校生でこんな大事な研究、すごいですね!
発光ダイオードで日本人がノーベル賞をとってからというもの、巷に青い光がものすごく増えましたね。
電気代が節約できるからと、LEDに変えられた方、企業も多いかもしれません。
サクナも営業に来られたり、いろいろな方からおススメされましたが、私は断っています。

実は青い光、LEDは数年前から人体への影響の疑いが問題になっていますよね。
知人のLEDで野菜を育てるプロジェクトをされていた人たちも、中断してます。
青い光は殺虫効果、虫をも殺す。。。
人体へはブルーライトが目に悪い、というだけではなさそうで。。。
ただちに問題はないのでまだよく分かりませんが、今後の情報にも注目したいと思います。

酸化ストレス対策には絶対コレ!!
【レ・レスベラトロール】

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>