赤ワイン好きにガンを殺す力の恩恵

こんにちは。サクナの松成です。
任天堂社長のあまりにお若い訃報にビックリしたのですが、胆管がんだったようですね。
本当に残念です。
報道のせいもあると思うのですが、ガンで亡くなる方が多すぎる。。
良き治療法に出会ってほしいな~と心から思うばかりです。

レスベラトロールの抗がん作用については、世界中の研究者による発表があちこちであります。
副作用なしでガンの予防をするには、最も身近なものではないかと思います。
コチラはフランスの論文による記事です。

⇒ワイン好きに「がんを殺す力」の恩恵か、異常な細胞を除去すると判明

論文はフランスの国立保健医学研究所を中心とする共同研究で、米国科学アカデミー紀要オンライン版に掲載されたものだ。タイトルは、「レスベラトロールとアスピリンは4倍体細胞を除去してガンの予防薬剤として有効だ(Resveratorol and aspirin eliminate tetraploid cells for anticancer chemoprevention)」だ。

 タイトルを読むと、私が喜ぶ意味も、またこの論文のメッセージも理解していただける。というのも、ここで言う「レスベラトロール」というお薬は、ワインに多く含まれている成分である。抗酸化作用があり、フランス人が健康を保てる秘密と考えられている物質だ。

 一方、アスピリンとは、血液が固まるのを防ぐ効果を持つ薬。低容量のアスピリンを服用すると、炎症を抑え大腸がんの予防にもなると大規模調査で確認されている。

 今回の研究では、これらの予防薬に「4倍体の細胞」を選択的に除去する力があると報告している。4倍体とは、遺伝情報を持つ染色体の数が異常に増えた細胞を言っている。通常の細胞は2倍体となっている。私も不勉強で知らなかったが、様々な原因で2倍体の細胞が4倍体の細胞になることががん化の重要なメカニズムの一つになるらしい。

 この研究ではまずレスベラトロールが4倍体のがん細胞を試験管内で選択的に殺す力があることを見つけている。この4倍体細胞除去に関わる生物学的な「シグナル伝達」の経路を明らかにしている。この経路をコントロールできる薬剤を調べたところ、アスピリンも同じ効果を持つことが分かった。最後に直腸がんを発症するモデルマウスを用いてレスベラトロールやアスピリンが予防効果を持つかどうか調べると、4倍体細胞が腸管に蓄積するのを押さえることができたという結果だ。

健康も1日にしてならず。コツコツと予防してまいりましょう!
【レ・レスベラトロール】

【あなたの美容と健康とともに Sakuna(サクナ)】
岡山市北区表町1-1-25(火曜定休)
TEL/FAX:086-224-0397

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>