細胞の酸化がすべての元凶

みなさん、こんにちは。サクナの松成です。
人間は息を吸ってはいて~酸素がないと生きていけない。
しかし!この酸素によって細胞が酸化し、老化するのですねえ~。。
野菜や果物など食物は、時間が経つと腐っていきますし、鉄などの鉱物は劣化していきますよね。
体内に入ってきた酸素が活性酸素となり、老化&病気の原因です。
『細胞の酸化』人体の酸化現象が、すべての元凶となるわけですね。

↓内海医師の記事より 
ガンをはじめすべての病気は、人体の酸化現象としてとらえることができる。したがって、人体を構成する細胞一つひとつの酸化状態を改善しないかぎりガンは治らない。にもかかわらず、現代医学は、手術で人体を切り開くことにより、内臓まで空気にさらして酸化させ、そのうえ、手術中には酸化力の強い麻酔剤の投与や輸血を行なう。おまけに、手術のダメージからまだ覚めやらぬ患者の身体に、これまた酸化力の強い抗ガン剤や放射線を浴びせかける。これではまるで「酸化のフルコース」である。

抗ガン剤や放射線はともかく輸血がなぜ身体を酸化させるかについては説明が必要かもしれない。輸血用の保存血液には、あらかじめ放射線が照射されている。殺菌し、アレルギー反応を起こさせないようにするためである。それは、ジャガイモが芽を出さないように放射線を浴びせるのと同じだ。放射線の問題を差し引いても、保存血のパックにはもともと化学薬品が入れられている。血液の凝固を防ぐための薬品である。だから、純粋に血液だけを輸血するのではない。血とともに、さまざまな毒物を体内に入れる。
 
ガン患者の身体は、もともと酸化している。むしろ、酸化したがために発ガンしたのだといえる。それなのに、その患者さんに強い酸化作用を持つ抗ガン剤や放射線を浴びせかける。だから、「毒の上塗り療法」としか言いようがない。
   
少し前に、医師の近藤誠氏の著書『患者よ、がんと闘うな』(文藝春秋刊)がベストセラーとなった。この本の中で近藤氏は、ガンの手術や抗ガン剤がいかに無意味であるかを説いている。そこまではよいのだが、なぜか、ご自身の専門分野である放射線療法だけは効果があると主張されている。これは、おかしな話だ。ほんとうは三者ともダメなのである。放射線療法は、身体を極度に酸化させる。たとえば、原爆で被曝することは、原理的には放射線療法と同じだ。そして、被曝された方々が白血病などでたくさん亡くなっていったのを見ても、放射線療法がいいなどとはいえないはずである。「医者ができること、してはいけないこと(小澤博樹)」より

身体のサビをつくらないこと。
”いかに細胞の酸化を抑制していけるか”で、大きく人生が変わります。
病気になるということは、自己管理が全くできていないということ。
抗酸化作用のあるものは、ポリフェノールをはじめ、たくさんありますが、強力な抗酸化作用だけではないところが ”レスベラトロール”のすごいところ。一石何鳥にもなるところが素晴らしい。
さび止め、酸化防止に今すぐ飲もう!(^-^)/
【レ・レスベラトロール】

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>