発がん性のニトロソアミンとビタミンC

みなさん、こんにちは。サクナの松成です。
”食欲の秋”がやってきました♪
秋は果物も美味しい物が続々、芋・栗・かぼちゃに目がない私は、これからの季節はヤ・バ・イです(^^;;
コレ、毎年言ってるな~。。
食べ過ぎはよくないですけど、食べることは生きること。
ありがたく、楽しく美味しく頂くことこそ、人間らしい生き様ではないかと思います。
さて、過去のアスコルバイオ通信より、大切な内容をUPいたします。

「食べる」という行為は、人間が生きていく上で欠かすことができない行為です。
どうせなら安全で、楽しみながら行いたいものです。
しかしながら食べ合わせによっては、発ガン性のある”ニトロソアミン”という物質が思いがけなくできてしまうことがあります。
ニトロソアミンは、亜硝酸(野菜や漬物等に含まれる)とアミン類(魚肉や獣肉に含まれる)とが反応してできる物質です。
ニトロソアミンという物質は、体内の酵素で、より反応が起きやすい物質に変化して、それが細胞内に取り込まれることでガン化の原因になります
レスベラトロールと長命草で細胞の若返り♪

これは、雑食である人間では避けることができません。
「ではどうしようもないのか?」というと「そうではありません」。

そこで活躍するのが、ビタミンC、ビタミンE、緑茶カテキン等のポリフェノール類といった抗酸化物質です。
その中のビタミンCは、亜硝酸とアミン類がくっついてニトロソアミンになることを抑制してくれます。
また、反応性の高い化合物を還元して毒性を消去します。
ビタミンCを効率よく摂取すれば、発ガンのリスクが軽減します
食生活で効率よくビタミンC等を取り入れて、楽しい食生活を心掛けましょう。
やっぱりビタミンCが必要!

【持続型ビタミンC!プロビタC(60包入り)】
レスベラトロールと長命草で細胞の若返り♪
【 Sakuna(サクナ)】
*火曜定休*
岡山市北区表町1-1-25
086-224-0397

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>