甘~いドリンクで毎年18万人以上が死亡!?

こんにちは。サクナの松成です。
いや~今日のムシ暑さ、たまらなく不快ですね。身体がベタベタします。
汗かく季節、冷たくて美味しいジュースやスポーツドリンクなど、ついつい飲みたくなったりしていませんか?
熱中症対策だとかいって、結構スポーツドリンク飲んでる人が多いですけど、アレも糖質入ってますから飲み過ぎ注意ですよー。
早くから子供たちが甘くて美味しいジュースを飲んでいるのを見ると、ゾッとします。
ドリンクは咀嚼しないで胃の中に飛び込んでくる液体物なので、血糖値はもちろん、細胞がボロボロに。。とっても危険です。

⇒甘~いソフトドリンクが原因で毎年18万人以上が死亡していることが明らかに

炭酸飲料など、砂糖入り飲料についてはまるでいい話が伝わってこないが、米タフツ大学の研究により、砂糖入り飲料を原因とする病気により、毎年18万人以上の人が命を落としていることが分かった。

約61万人分のデータを分析
研究チームは1980年から2010年のあいだに実施された食生活に関する62の調査について、51カ国、61万1971人分のデータを過去の研究より得られたエビデンス(砂糖入り飲料の悪影響を証明するもの)に基づきメタ分析した。

糖尿病、心疾患、がんとの関連は?
そして、糖尿病、心血管疾患、がんについて、砂糖入り飲料(炭酸飲料、加糖のフルーツジュースおよびアイスティ、自家製ジュース、スポーツ/エナジードリンク)の摂取が原因と思われる2010年の死亡者数を推定したところ、以下の結果となった。

・糖尿病――13万3000人
・心血管疾患――4万5000人
・がん――6450人

死亡率1位はメキシコ
地域別に見るとラテンアメリカ諸国、経済的に見ると低~中所得国の死亡率が高くなっている。全体的には、メキシコの死亡率が最も高く、成人100万人あたり404.5人が砂糖入り飲料を原因とする病気で死亡している。

アメリカは南アフリカ、モロッコについで第4位(100万人あたり124.9人)。

日本は高所得国の中では最下位
日本は高所得国の中では最も死亡率が低く(100万人あたり11.2人)、全体ではバングラデシュ、エチオピア、ベトナムに次いで下から4番目。とくに65歳以上の死亡率は、1位のメキシコが30%であるのに対し、日本は1%以下だそうだ。

若い世代の摂取を減らしていくことが課題
ただ、世界的に言えることだが、砂糖入り飲料が原因と思われる慢性疾患の割合は高齢層より若い世代のほうが高くなっている。労働人口に占める若者の割合を考えると、砂糖入り飲料がもたらす弊害は経済的にも大きな影響をおよぼしかねない。

また、若者が今の調子で砂糖入り飲料を飲み続けて高齢期を迎えれば、加齢に伴う他の要因も加わり、今よりさらに高い死亡率に達する可能性もある、と研究を率いたGitanjali Singh博士は警鐘を鳴らしている。
米タフツ大学の研究結果は『Circulation』に発表された。
・出典元:Sugary Drinks Linked to High Death Tolls Worldwide – TuftsNow(6/29)
・出典元:Estimated Global, Regional, and National Disease B – American Heart Association(6/29)
・出典元:Sugary drinks linked to 180,000 deaths a year, stu – Washington Post(6/29)
(転載終了)

世界の統計では日本は良い方なのかもしれませんが、あくまでも数字です。
日本でもガン然り、糖尿病もどんどん増え続け、深刻になっている病気ですよね。
各個人が気を付けて行かないと、ちょっとした習慣が、後から取り返しのつかない事になりますからね!
美容ドリンクや健康ドリンクは大丈夫と思っているとこれまたアブナイ!
添加物に人工甘味料タップリのものがほとんどですよ~。
サクナの機能性食品なら、安心&安全で効果抜群(^-^)/
【レスベラ・ドリンク&プロビタCセット】

【あなたの美容と健康とともに Sakuna(サクナ)】
岡山市北区表町1-1-25(火曜定休)
TEL/FAX:086-224-0397

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>