現代人はビタミンC欠乏症

こんにちは。サクナの松成です。
近年、ますます見直され、注目されている『ビタミンC』!
”ビタミンC”は多くの動物の場合、体内でビタミンCを作り出すことができるのですが、人間の場合は体内で合成できません。
よって食事やサプリメントで、外部から摂取しなければならないのです。
しかし、ビタミンCは壊れやすく、吸収されにくい。。
レスベラトロールと長命草で細胞の若返り♪

ビタミンCは、生体の活動において、大変に重要な役割を果たしています。
だから体内にビタミンCが少なくなると、免疫力が低下してきます。
風邪をひく数日前には、ビタミンCの血中濃度が通常の1/3まで低下しているそう!

ビタミンCを摂らない食事を60~90日間続けた場合、体内のビタミンCの蓄積総量が300 mg以下になり、出血性の障害をもたらす「壊血症」を発症するそうです。

  • 体重減少
  • 脱力
  • 鈍痛
  • 感染への抵抗力の減少
  • 創傷治癒の遅れ
  • 低色素性の貧血
  • 皮膚や粘膜、歯肉の出血およびそれに伴う歯の脱落、変化
  • 古傷が開く
    など、個人差で様々な症状が現れることでしょう。さらに長期にわたると、死に至ります!
    これは成人の場合なので、成長期のお子さんには致命的な症状の危険性が出てくるでしょう。

    心身のストレスによって、ビタミンCは大量に消費されます。
    よって現代のストレス社会では、ビタミンCが充分に足りている、という人はほとんどいない!
    と言われています。
    野菜など食物の栄養価が少なくなり、一部では戦前の1/7くらいしかなくなっているとも。。
    地産地消でないもの、また加工されたものは、そこで栄養価が少なくなります。
    また調理方法によって、さらに失われます。電子レンジやIHなどは論外・・・。
    さらに添加物の多い食事やタバコ、深酒、それからストレスの多い生活を送っていると、もっともっとです。。
    食べても食べても追いつかないじゃん!ってな感じです。。

    現代人は、慢性的にビタミンC欠乏症ではないか?とも言われます。
    若く見えていつも元気な人と比べて、疲れやすいなど体調に問題が多く、老化が早く、病気になりやすい・・・そんな人は慢性的なビタミンC欠乏症でしょう。
    ビタミンCを、積極的に食べることを意識しないといけないですね。

    人の生命維持に対してのビタミンCの重要性から、大学ベンチャーにて研究開発された”ビタミンC誘導体”
    体内で持続し、ゆっくり吸収されるという、世界初の持続型ビタミンCです。
    【プロビタCミニ】

    Sakuna(サクナ)
    *火曜定休*10:00~19:00
    岡山市北区表町1-1-25
    086-224-0397

  • コメント

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>