犬の歯、細胞から再生!

こんにちは。サクナの松成です。
いや~良い研究報告が目に飛び込んできました。
歯が再生するなんてね!これからの医療は劇的に変わるでしょうね、本当に。
入れ歯やインプラントなんかより、自分の歯の方がいいに決まってます。
これまた医療を商売にしないで頂きたいと願うばかりですが。。

【犬の歯、細胞から再生=体外培養と移植で―岡山大と理研】時事通信3/18(土) 15:06配信
ビーグル犬の子犬から小臼歯の基の細胞や組織を採取し、体外で培養して歯の原型に近づけてから同じ子犬の顎の骨に移植したところ、構造や機能が完全な歯に再生したと、岡山大と理化学研究所の研究チームが発表した。論文が18日までに英科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された。

 この実験は理研の辻孝チームリーダーらが開発した「器官原基法」による。過去にマウスで成功しており、今回は大型動物で実証できた。将来、人間で歯の再生医療を実現するには、親知らずの細胞や人工多能性幹細胞(iPS細胞)の利用が考えられる。

 器官原基法は、さまざまな臓器や器官が胎児期に上皮細胞と間葉細胞の相互作用で形成されることから、その初期過程を体外培養で再現してから移植に使う方法。マウスでは毛を生み出す組織や涙腺、唾液腺も再生させている。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>