江戸美人

こんにちは。サクナの松成です。
サクナのすぐ近くにあるのでとても便利なのですが、ほぼ毎日郵便局に行っております。
窓口でのわずかな待ち時間に見るのが『記念切手』。
収集ではなく、お客様に喜んで頂けそうなのがあると(個人的に好きなの^^)、購入しています。
この”浮世絵シリーズ”も第4集になるんですね~。
歌川 広重の諸所名所と、江戸美人の浮世絵、素敵です(^^)

喜多川 歌麿(左上)と菊川 英山(左下)
うっとり、美しいですね(^^)
しかし、着飾った芸者たちだけでなく、一般の女性も大変美しかったそうです。
外国人達は日本女性を見て、あまりの美しさにびっくりしたそうです。
キリスト教布教を隠れ蓑に、奴隷としてたくさんの日本人が売られていた中で、日本女性はすごく人気だったのだとか(TT)
この事実にも激怒しキリスト教弾圧に入った秀吉の歴史は、もっと深く知りたいな~と思います。
今でも世界中の男性から日本人女性がモテるのも、分かる気がします。
だからしっかりと、日本の女性は日本の男性が守らなくてはダメなのです。。

ちょっと話が脱線しましたが、日本の女性はもっともっと自信をもってイイ!と思います。
しかし、今は整形とか化けすぎメークと行き過ぎダイエットで痛い女性も多いですねー。
外見の見た目だけで、所作や知識が伴っていなかったり。。
なんか、昔の方が美人に見えるのは私だけでしょうか。

【江戸時代の美人の条件】は以下のようなものだそうです。
1色白できめ細かい肌
2細面
3小ぶりな口
4富士額
5涼しい目元
6高く、通った鼻
7豊かな黒髪

おーーやっぱりお肌の美しさがダントツのようですね!!
江戸時代の頃は、白く塗り過ぎず、ナチュラルな白肌美人が主流となっていったようです。
江戸時代に限らず、お肌の美しさはいつの時代も、不動の条件ではないでしょうか。
さて紫外線の降り注ぐ季節ですが、女子は死ぬまで、気合入れてお肌のお手入れをいたしましょう!(^^)/

店舗移転しました!
【Sakuna(サクナ)】
岡山市北区駅元町29-13藤井ビル2A(日祝定休)
TEL/FAX:086-252-7738

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>