榎木孝明さんの1ヶ月の断食

こんにちは。サクナの松成です。
久々にYahooニュースで気になったのがコチラ。
【1か月不食もすがすがしい表情を見せる榎木孝明】
⇒榎木孝明、30日間「不食」生活中!摂取水だけ
俳優の榎木孝明(59)が、5月20日から続けてきた30日間の「不食」を18日に終える。
修行僧のような姿ではなかった。榎木は痩せているものの元気で顔色も肌つやもいい。「絶食、断食ではない。食べなくても生きられることを自分の体で科学的に調べてみたかった。不思議ですが一度も空腹感はない。心地良い満腹感に満たされているような。苦痛を探してもないんです」
 この間、万が一に備え、専門家の指導を仰ぎ、都内の研究室に泊まり込み、ここから仕事へ。摂取は水のみ。血糖値や塩分対策で1度あめ玉を補給しただけだ。採血、検尿、心電図を毎日検査しているが異常はなく、9キロ減った体重はいま71キロをキープしている。
 飽食時代。04年ごろから「不食」本が注目され始めたが、榎木は20代からインド中心に一人旅を続け、飲まず食わずで帰国後、いつも体調が良くなっていることに着目。短期間の「不食」を何度も経験してきた。「食べないと死ぬ、という恐怖感が良くない」。スケジュールを調整し、1か月間の実験を敢行。さまざまな変化が起きた。
 「集中力が増し、本を読むスピードが格段に速くなった。睡眠も深くなり、4時間眠ればすっきり。腰痛も消えた。理由はまだ分からない。でも、眠っていた自浄作用が一斉に目覚めた感覚。運動時も胸式呼吸が腹式に。スタミナが増しました」
 榎木は、この経験はあくまで個人の体験に基づくもので研究の第一歩だと強調。「これを強制するものではないし、私自身、食文化を否定しません」。無事に「不食」を成功させると、2日後にはテレビの“食レポ”の仕事が待っているそうだ。(転載終了)

いや~誘惑いっぱいの現代に、1ヶ月も断食できる人って、本当にすごいな~と思います。
人は粗食の方が細胞が活性化され、精神的にも研ぎ澄まされ、心身ともに健康になるという事が分かっています。
今となっては、つくづく大学で「栄養学科」を選択しなくてよかった、と思う次第です。
少しだけ管理栄養士への道を考えたことがありましたが、当時カロリーに基づく事に疑問に思った私、正しかったのだ~。

今の栄養学は、江戸時代までの日本の優れた伝統的食生活を完全排除し、明治時代から現在へと変貌してしまいます。
明治時代にドイツのフォイト栄養学が入ってきて、第二次世界大戦後にはアメリカの”カロリー計算主義の栄養学”が導入されました。
「肉や牛乳など栄養豊富な食べ物を、バランスよく沢山食べると健康になる」という考え方。
「1日3食、栄養は1日30品目、バランスよく食べましょう」と教え込まれました。
それが間違っているという事を言わないのには、いろいろ裏があるのですが、最近はもう隠しきれないでしょう。
戦後の教育、悲しいほどにデタラメが多すぎますね。。。
古き良き日本を見直す時です。
3日食べなきゃ、7割治る!/三五館

¥1,404
Amazon.co.jp

三日食べなくても大丈夫!!断食のすすめ/高木書房

¥1,728
Amazon.co.jp

日本人には優れた伝統の食文化があるわけですから、そこに立ち帰らなければいけませんね。
今の美味しい食文化も取り入れながらね!
あ~私もレスベラ断食やってみよう!と思いつつ、やっぱり美味しい食事を拒否する事はできませ~ん(^^;
【レ・レスベラトロール】

【あなたの美容と健康とともに Sakuna(サクナ)】
岡山市北区表町1-1-25(火曜定休)
TEL/FAX:086-224-0397

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>