日本人の体質に合わない食べ物

こんにちは。サクナの松成です。
日本は戦後から、少しずつ日本の伝統的習慣が壊され、失っていったのでしょうね。
特に食生活がひどいですね。。。
グローバル化とは名ばかりで、欧米による食の侵略は恐ろしく大成功。。。
いまだにマクドナルドがあるだなんて…しかも休日の行列を見るとゾッとします(^^;

日本人の体質といっても、ひとくくりにするのはムリがあり、多種多様です。
しかしながら、日本人が長い年月を重ね、DNAが記憶しているのには間違いがないです。
牛乳・ヨーグルト、パン、小麦粉製品など、毎日コアに食べてしまうものは食物アレルギーが危険です。
慢性的な『遅延型』アレルギーは、めまいや抑うつ、下痢、肌荒れなど症状が多彩なことから、診断が難しく、疲れやストレスのせいと勘違いしたまま症状に苦しむ人が少なくありません。
海外発の情報や商品には、疑問を持って選択していかねば!

⇒実は日本人の体質に合わない食べ物 2017.1.20週刊現代
日本のメディアは欧米で流行している健康法を競って紹介しますが、日本人は欧米人とは異なる遺伝子を受け継ぎ、異なる環境要因の元で生きてきました。
そのため欧米人に有効な健康法が日本人にも効果があるとは限らず、それどころか有害なことすらあるのです。
・オリーブオイル
・赤ワイン
・牛乳
・ヨーグルトなど乳製品
・お茶やコーヒーなどのカフェイン

【欧米人とはこんなに違った 日本人の「体質」 著者:奥田昌子】
(Amazon内容紹介文)
本人には、日本人のための病気予防法がある!
同じ人間であっても、外見や言語が違うように、人種によって「体質」も異なります。
そして、体質が違えば、病気のなりやすさや発症のしかたも変わることがわかってきています。
欧米人と同じ健康法を取り入れても意味がなく、むしろ、逆効果ということさえあるのです。
見落とされがちだった「体の人種差」の視点から、日本人が病気にならないための方法を、徹底解説!
・日本人は炭水化物を控えてはいけない
・日本人がオリーブオイルを摂りすぎると生活習慣病に
・筋トレをしても、日本人は“やせ体質”にはなれない
・血圧のために減塩すればいいとは限らない
・生活習慣が同じなら、日本人は欧米人より大腸がんになりやすい
・日本人は、欧米人より乳がんになりやすいタイプの乳房を持つ人が多い
・日本人が感染する東アジア型のピロリ菌は、欧米型のピロリ菌と違って胃がんを起こす力が強い
・日本人は、飲酒によって血圧が上がりやすく、すべてのがんの発症率も上がる
・・・・・・など、知られていなかった「日本人ならではの体質」の新常識が満載!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>