断食は究極のアンチエイジング!

こんにちは。サクナの松成です。
昨日は私のお誕生日でして、また調子に乗って食べ過ぎてます(笑)
バイキングはやっぱり食べすぎてしまうけど、このHAPPYな満足感がたまりません♪
またプチ断食しなきゃっ!いや、プチじゃ間に合わないかあ~~(^^;

⇒断食は究極のアンチエイジング!
半年に一度、2~4日間で免疫系が再生

●断食が新しい免疫系をつくる

南カリフォルニア大学(USC)長寿研究所のヴァルテル・ロンゴ教授らの研究によると、断食によって血液や免疫系の生成にかかわる造血幹細胞が活性化して、新しい白血球が生み出され、免疫系が再生することがわかった。

2014年6月5日付のUSC Newsが伝えたところでは、「飢餓状態になると、体はエネルギーを節約しようとして、ダメージを受け不要になった免疫細胞をリサイクルしようとするのではないか」とロンゴ教授は分析している。
断食はさらに、幹細胞の活性化を阻害する酵素(PKA)や、老化やがんのリスクと関係するホルモン(IGF-1)を減少させるという。
「断食は、老化や化学療法の副作用でダメージを受けた免疫システムを再生する。文字通り、新しい免疫系をつくるのです」とロンゴ教授。

そのメカニズムは動物実験上で明らかになってきたという段階だが、確証を得られれば、免疫力が低下した高齢者や、がん治療などの化学療法を受けている人にとって福音となる。

●肌や髪など見た目の若返りも可能?

研究チームは断食について、免疫系だけでなく、ほかの組織や器官でも同じ効果を得られるか、実験を続けているという。
そこで気になるのが断食によるアンチエイジング効果だ。体のさまざまな組織が「再生」されれば、肌や髪など見た目の若返りも可能になるのではないか。

今回の研究報告を受け、「アンチエイジング医師団」の主要メンバーの一人、近畿大学医学部の山田秀和教授に断食によるアンチエイジング効果の可能性を聞いた。

「幹細胞を活性化することができれば、老化を遅らすことになるかもしれない」と山田教授は言う。ロンゴ教授らのさらなる研究成果に期待がかかる。

しかし、断食を実践する際には医師の管理の下で行うなどの注意が必要だ。
「疾患を持っている人や治療を受けている人、とくに糖尿病で血糖コントロールを受けている人は、低血糖発作を起こして死亡する危険性もあります。
お年寄りや子ども、妊婦も十分な注意が必要です。
健康な人でも急激な断食は避けるべきですが、プチ断食を経験したことがある人が、次のステップに進むことは可能でしょう」(山田教授)。

断食は究極のアンチエイジングと分かっていながら、あー耳が痛い(笑)
でも真面目に断食を実践できる人の方が、顔色が悪かったり不健康であったりする事も。。
何事もやりすぎはよくない!すべてはバランス。
他人の事を気にするのではなく、自分と向き合ったアンチエイジングをしなきゃね!
うれしい、楽しい、気持ちイイ♪と笑顔になれる毎日を過ごしましょう(^^)

店舗移転しました!
【Sakuna(サクナ)】
岡山市北区駅元町29-13藤井ビル2A(日祝定休)
TEL/FAX:086-252-7738

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>