怖い納豆食べてませんか?

こんにちは。サクナの松成です。
いまだにTVで紹介されたものに飛びつくバカがいるのにも呆れるけれども。
TVでバカ売れしたものをコツコツ食べ続けている人、意外と多いのかな~ (。>0<。)
インフルエンザに「明治のR-1」とか、あれは明治だから許されてますけど薬事法違反でしょー。
まあ、何がいいかなんて誰にも分からないんですからね。
何を信じるかはその人次第、自分自身ですもんね(^^)

やっぱり古来の日本食!和食が一番です。
ごはんに味噌汁、梅干し!
しかし、私は納豆をほとんど食べませぬ~。だってスーパーの美味しくないんだもん。
手作り?美味しい納豆なら食べます(笑)
でも毎日納豆食べる人、多いのでは?
納豆大好きな方、健康に良いと信じている方、この内海医師の記事は必見です(^^)

【怖い納豆】
納豆は体にいいものだと思い込んでいる人がいるようですが、世の中そんなに甘いものではありません。
まずは大豆自体の問題があります。
生物毒が多く栄養素の吸収を阻害するといわれてきましたが、ただこの説は違うという説が有力であり、発酵することで生物毒が失われるとも言われてきたため、あまり気にしすぎる必要はないかもしれません。
消化酵素をもちアルカリ性食品であることも良いといわれています。

しかし繰り返すようにそんな甘いものではありません。
まず豆の質、これはまず農薬や硝酸態窒素の問題があります。
昨今の大量生産されているものには遺伝子組み換え食品を使われているものもあります。
またスーパーで売ら得ている納豆のたれや辛子は、色素だ添加物だアミノ酸類だ増粘多糖類が入っており、その場では死ななくても危険な物質てんこ盛りです。
納豆巻き用の納豆なんて見れたもんじゃありません。

さらにいえば菌そのものの問題があります。
今の大量生産されている納豆菌の菌は遺伝子操作されているものさえあり、さらには伝統的な作り方を諦め、調味料・添加物で発酵させたように見せかけているものさえあります。
稲わらに自生している天然の納豆菌はもはやほとんどなく、人工的に培養された納豆菌が添加され、発酵感を作り出すために発酵調味料というものまで存在します。

さらにいうと納豆菌自体は非常に有用だとばかり考えられていますが、危険だという説があります。
発酵させるときに周囲の菌をなぎ倒すくらいの強い菌だとも言われており、芽胞形成力も強力であり高熱でも死にません。
またSASPs (small acid-soluble proteins)とよばれるたんぱく質を含有し、これはほかの菌では存在しないとも言われます。
つまりほかの菌に有害かもしれないといわれています。
実は病原菌の炭疽菌も納豆菌の仲間だそうです。

じゃあ何も食べれないじゃないかというとそれが正解です。
納豆を食べ過ぎるとむしろ問題が生じるという説は、この辺りが原点になります。
発酵食品がいいばかり言っている人は多いですけど、本来の生物界には発酵食品はないというのを思い出すのも重要です。
腸内細菌でも日和見菌でも最も重要なことは、自然界における多様性です。
納豆ばかり食ってる人は玄米ばかり食ってる人同様、バカになると考えたほうがいいでしょう。(転載終了)

大手食品メーカーのものは、大量生産品。
”遺伝子組み換えでない”は、信用してません(笑)
しかーし、日本の良質な原料で、手間暇かけて作ってたら、儲からないどころか赤字です。
本当は自家製、手作りできたらいいんだろーけどね。。
それこそ、みんなが手作りしたら資本主義崩壊、お店が潰れちゃうよ~。

これからの時代は、何を選択するかが重要。
賢くお買物することが大切ですね。
【Sakuna(サクナ)】
岡山市北区駅元町29-13藤井ビル2A(日祝定休)
TEL/FAX:086-252-7738

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>