低体温こそ熱中症に要注意!

こんにちは。サクナの松成です。
近年の暑さは異常な暑さなんですが、熱中症で病院へ搬送される数も異常な数だな~と。。
急激な温度差に、適応できない人が増えているのですよね。
それだけ人間のカラダの体温調節ができなくなっているという事でしょう。
この東洋経済のコラムは、子供だけでなく、大人にも同じことが言えます。

⇒増加中!「低体温児の熱中症」に注意せよ

低体温は、体温調節機能がうまくいっていないことの表れです。
つまり「自律神経がうまく働いていない」状態と言えます。

そうなると、疲れやすかったり、風邪を引きやすくなったり、集中力に欠けたりなど、日常生活にさまざまな悪影響が及ぶことになります。
そして、これからの時期は、熱中症にも注意が必要です!

人間は、気温の上昇や運動などで体温が上がると、自律神経が働き、汗をかくことによって体温を下げようとします。
ところが、低体温だと自律神経がうまく働かず汗をかくことができませんので、体の熱を体外に放出できず、熱がこもってしまい、熱中症になりやすくなってしまうのです。
低体温の子どもが増えている原因として挙げられるのが、実は運動不足なのです。
また、エアコンなど空調設備の充実も指摘されています。

小さい頃から体を十分に動かして熱エネルギーを自分で作り出すことを行っていなかったり、つねに快適な温度の環境で過ごしていると、汗をかく機会が少なくなり、体の体温調節機能が発達していかないというリスクがあるのだとか

ほかにも、朝ごはんを抜く習慣や偏食などの「食生活の乱れ」「睡眠不足」なども自律神経の乱れにつながり、低体温の原因になると言われています。

⇒体温を上げる方法
何よりもまず『運動』する事。『筋肉』をつけることなんですねー。

【低体温にしない為の対策】

①1日に1回は汗ばむぐらいの運動

テレビやゲームの時間が長いと体を動かす時間が減り、運動不足に。
1日に1回は外で汗ばむぐらいの運動をさせましょう。
ただし、これからの時期は特に水分補給をしっかりと!

②エアコンを使い過ぎない

室温が一定の快適な温度を保っているというのは、一見、いいことのように思えますが、これでは体の体温調節機能が発達しません。
これからますます暑くなりますが、冷房の温度には気をつけて、涼しくなりすぎないようにしましょう。

③朝食習慣を定着!

人は寝ている間は体温が下がっているものです。朝食をしっかり摂ることは、寝ている間に下がった体温を上げることにつながります。
昼や夜に比べて、朝食はあまり重要視されない現代ですが、少なくとも子どもにはしっかり朝食を食べさせてあげましょう。

④早寝早起きを心掛ける

寝不足は自律神経が乱れる原因になります。遅い時間までテレビやゲームを与えず、早寝早起きを心掛け、睡眠不足にならないようにしてあげましょう。

一説によると、汗腺の量は2歳半までに決まると言われています。
2歳半ぐらいまでにいっぱい汗をかく習慣を作っておかないと、子どもはずっと汗をかきにくい低体温のまま成長していくことになるかもしれませんし、何より熱中症などのリスクが高まります。

汗腺は大人になっても鍛えることができるので、汗をしっかりかけるようになりましょう。
私なんてもともと汗かきだったのに、大人になって運動はじめてから、さらに汗が噴き出すよう~。
体温も37度前後になり、今頃になって”燃えろいい女”となりましたとさっ(笑)
汗をかけない人、低体温症の人は、体温調節が上手くできないので、熱中症には要注意です!

熱中症対策にも!
【あなたの美容と健康とともに Sakuna(サクナ)】

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>