マーガリンはプラスチック!

みなさん、こんにちは。サクナの松成です。
う~ん、いまだにバターよりマーガリンの方がカロリーが低くてヘルシー!なんて思っている人が多いんですねえ。。
美容と健康に関心の高い方なら、もう当然食卓にはないですよね?
⇒食べるな!!マーガリンはプラスチックだった!?

★マーガリンは腐らないプラスチック?:トランス脂肪酸
マーガリンやショートニングは、植物性油脂を化学処理し、常温で酸化しにくく固体を保存しやすくするようにした加工食品です。
この食品の化学処理が「水素添加」と呼ばれる方法で、不飽和脂肪酸の水素が足りない場所に強引に水素を結びつける方法です。
この「トランス脂肪酸」は実在しない不自然な脂肪酸で、プラスチックそっくりな分子構造をもつので、”食べるプラスチック”と呼ばれます

★「マーガリン=健康的な植物油」はウソだった
そんなこの世に実在しない人工的な食品が、本当に安全なのでしょうか?
高カロリーのバターよりも、ヘルシーなマーガリンの方が健康に良い、と洗脳されている人はお気の毒です。
世界の動きでは、マーガリンの製造禁止の国もありますし、トランス脂肪酸排除の動きが日に日に強まっています。
トランス形脂肪酸は、細胞を傷つけガンの原因になり、血液を汚し、心疾患をはじめ、あらゆる病気を引き起こすことに。。

加工食品には、トランス脂肪酸はたくさん使われていると思ってよいと思います。
特に激安品は絶対!です。
パンやケーキ、ドーナツ、お菓子全般、フライドポテト、フライドチキン、揚げ物、マヨネーズやカップラーメンなど、もうキリがないほどたっくさん!
それこそ食べるものがない~?なんてことにもなりそうですが(>_<)
加工食品のラベル表示を見て、【ショートニング】【マーガリン】と書いてあったら、できるだけ選ばないようにしたいです。
日本はまだまだ”トランスフリー”の動きが薄いので、「自分の身は自分で守る」をひっそりと行っていかねばね(^^;

いや~大手有名メーカーばかりですな。。
しかも牛乳で問題のあった会社や、冷凍餃子やらで問題のあった会社がまたもや!(苦笑)
【日本各社マーガリントランス脂肪酸含有率】
ワースト1位『雪印 Sマーガリン』。含有量は16.0%
ワースト2位は、『雪印 ネオマーガリン』の14.0%
ワースト3位は、生協『コープ コーンソフト100バターの風味』13.5%

【レ・レスベラトロール】

【Sakuna(サクナ)】
岡山市北区表町1-1-25(商店街内)
0120-060-397/086-224-0397
*サクナ・オンラインショップ*

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>