ストレスと闘うビタミンC!

こんにちは。サクナの松成です。
心身ともに、ストレスが多い人は、特に”ビタミンC”をたくさん必要とします!
【ビタミンCの豆知識】 ストレスと闘うビタミンC
日々襲い掛かる現代社会のストレスに対して、
体内のビタミンCはどのように私たちを守ってくれているのでしょうか。
これには体の中でも「脳下垂体」や「副腎」といった器官で
ビタミンC濃度が高くなっていることと大きく関係しています。

ストレスに立ち向かう為に、体内では「ストレスホルモン」が放出されます。 まず交感神経が刺激されることによって「アドレナリン」や「ノルアドレナリン」といった
ホルモンが放出され、脈拍や血圧、血糖値の増加が起こります。
そして脳下垂体からは「副腎皮質刺激ホルモン」が放出され、
その刺激を受けた副腎からは「コルチゾール」というホルモンが放出されます。
コルチゾールは糖、タンパク質、脂質をエネルギーに変換して血糖値を上げる作用があります。

このようにしてストレスによるショックをやわらげ、ストレスに立ち向かう体の状態を作り上げます。
実は上記の「ストレスホルモン」を合成する際に大量のビタミンCが必要となるため、
脳下垂体や副腎ではビタミンC濃度が高くなっているのです。

ところが強いストレスが継続し、
本来身体を守るために活躍している「活性酸素」が過剰に体内に蓄積すると、
細胞や臓器が破壊され、遺伝子に変異が生じることが知られています。
これがガンをはじめ、動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中、糖尿病などの
生活習慣病の原因となってしまいます。

そこでもビタミンCの持つ抗酸化作用のおかげで活性酸素を除去することできます。
ホルモンバランスを保ち、過剰な活性酸素を捕捉し、
免疫能を高める作用を有するビタミンCをサプリメントとして十分に摂取することで、
生体防御機能の劣化を止め、生活習慣病の発症を未然に防ぐ事が何よりも大切になります。
(アスコルバイオ通信より)

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>