キムチを食べない理由

こんにちは。サクナの松成です。
昨日のブログで発酵食品が良いと書きましたが、私が避けているものは『キムチ』。
私をよく知る人たちは「エーうそでしょ!」と思ったはず。。
超激辛好きの私は、インドカレーなどアジア料理、韓国料理も大好きなんで、キムチも大好き!
キムチは発酵食品だから体にも良いし、カプサイシンたっぷりだから燃焼?代謝UPにもよさそう…..なんて昔は思ってました。

確かにカプサイシンは発汗作用や脂肪燃焼の促進など良い効果はあるのですが、過ぎたるは及ばざるがごとし…です。
カプサイシンは刺激が強いので、大量に摂りすぎると胃炎を起こしたり、胃潰瘍や胃がんの原因になったりする危険性も。
韓国では胃がん発生率が世界一だそうで、胃腸の弱い方は要注意です。
甲状腺に問題がある人もカプサイシンが関係?と個人的に調査中です。

また中毒性があり、脳細胞にダメージを与える可能性もあると言われています。
アドレナリンが過剰に分泌され過ぎると感情を支配する大脳辺縁系が損傷され、うつ病やパニック障害など、精神的に問題が起こりやすくなる危険性が。。
フランスではキムチは”有毒食品”に認定されているのだとか。

まあ、この2点くらいなら、食べ過ぎないようにすればゼンゼン問題ない事だと思います。
一番コワイのは『輸入キムチの寄生虫』 (>0<;
日本産は大丈夫なようですが、問題は外国産です。
ネットで検索するといろいろ出てくるので、気になる方はしっかり調べてみて下さいね。
日本では考えられない不衛生な国があるという事、反日国家があるという事は、輸入品は怖いですよね。
寄生虫でもいろいろな種類があるのですが、サナダムシの一種である有鉤条虫(ゆうこうじょうちゅう)が卵の状態ですと、体の至る所に入り込んでいきます。
脳や眼に寄生した場合、、重篤な症状がでてきます。。。
本当に恐ろしいです。

君子危うきに近寄らず、危険性があるものは要注意です。
濱田先生開発のメタゲインストEXに配合のカプサイシンは、”カプサイシン配糖体”です。
辛み成分をなくして、毎日摂取しても安全なように、刺激をなくしています!
安心・安全!【メタゲインストEX】

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>