ガンは近赤外光線免疫治療法で治る!

こんにちは。サクナの松成です。
この記事を見た時に、すぐロイヤル・レイモンド・ライフ博士の研究を思い出しました。
日本では湯治、ラドン温泉の事を思うと、やはり西洋医学の3大治療(抗がん剤・放射線・手術)への疑問が隠せません。

近赤外線でがん細胞が1日で消滅、転移したがんも治す ――米国立がん研究所(NCI)の日本人研究者が開発した驚きの治療とは
人体に無害な近赤外線を照射してがん細胞を消滅させる新しい治療法の開発が、世界の注目を集めている。
「近赤外光線免疫治療法」と言い、米国立がん研究所の小林久隆・主任研究員が開発した。がん患者を対象にする臨床試験も順調に進み、2~3年後の実用化を目指している。
がん治療法には、「外科手術」「放射線療法」「化学療法」の3つがあるが、外科手術は患者の身体への負担が大きく、他の2つは副作用がある。転移・再発防止などにも課題があった。
これに対し、小林氏の開発した新しい治療法はがん細胞の死滅率が極めて高く、ほとんどのがんに適用できる。やっかいな転移がんにも有効だ。副作用がなく、必要な設備や薬品は安価なので、医療費の削減にも大いに貢献しそうだ。
オバマ大統領が2012年の一般教書演説でこの治療法の発見を取り上げ、「米国の偉大な研究成果」として世界に誇ったことを覚えている方も多いだろう。
その後順調に研究開発は進み、NCIで20年越しの研究が大詰めを迎えている小林氏に、この治療法の効果や革新性、将来展望などを伺った。

近赤外線は、テレビのリモコンや果物の糖度測定などに使われるおなじみの光。
ほぼ副作用がなく、安全性が確認されているとの事!
皮膚がんのような身体の表面に近いものだけでなく、食道がん、膀胱がん、大腸がん、肝臓がん、すい臓がん、腎臓がんなど、全身のがんの8~9割はこの治療法でカバーできるそうです。
ガンが日帰りの外来治療で簡単に治るようになる時代も、遠い未来じゃない事を切に願います☆

治療然り、やっぱり何といっても、予防ですよですよ(^^)/
健康は1日にして成らず。コツコツと日々の生活習慣が大切です。

【Sakunaオンラインショップ】

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>