アンチエイジングに筋肉量と肺活量!

こんにちは。サクナの松成さちえです。
アンチエイジングに運動が欠かせないのは、もうご存知の事と思います。
『筋肉量』と『肺活量』が大きなカギを握っているからなんですねー。
長生き=長息筋力UP=細胞の若返り、です(^-^)/

内海医師よりシェアさせて頂きました。

ある老人医療の専門医は、恐ろしい警告をしています。
「70歳を過ぎて入院させると、1日1年のペースで老化します」
それだけ筋肉が球速に落ちて老化が加速されるのです。これは老人医療だけの問題ではありません。
成人でも、入院で寝たきりの生活を送ると、みるみる筋力が落ちていく。
筋肉は生命力を活性化させるホルモンが分泌されています
その分泌量は「筋肉量」と「活動量」で決まるので、病院入院はこの2つを激減させることに他なりません。

つまり筋力が衰える。それは、そのまま老化の加速を意味する
長期に入院している人を見舞ったなら誰でも経験することがあります。
それは患者が予想外に痩せこけ、老けこんでいることへの驚きです。
それは根本から間違っている〝寝かせきり〟医療の残酷な結末なのです。
「欧米では手術した翌日から歩かせる!」
日本人は、その〝荒っぽさ〟にびっくりしています。
しかし、それは、寝かせきりの体力、筋力低下の恐ろしさに、欧米の医学界が気づいたからでしょう。

ヨガの導師、沖先生は、寝たきりになっても「指一本でも動かせれば、全霊をこめて動かせ」と強調しています。
すると「全身の生命力が呼応して活性化する」というのです。
病院がまず入院患者に実施すべきは、歩かせることです。
知人にスローピング運動を提唱している人がいます。
坂道を歩く。ただ、それだけで普通のウォーキングの20倍の運動効果があるそうです。
 
病院なら階段があるはずです。そこで、患者に上り下りの運動をさせれば、筋肉喪失による衰弱、老化は防げるはずです。
また、ベッドで寝たまま、座ったままでできる筋肉トレーニングも必要です。
病院がやらなければ自分から実践しましょう。
「ユーズ・オア・ルーズ」という英語の諺があります。「使わなければ衰える」という意味です。医学的には「廃用性萎縮」といいます。
運動のし過ぎは体を壊すことがありますが、体を動かすこと自体は老化防止にはとても大事なのですね。(三日食べなきゃ七割治るより抜粋)

【レ・レスベラトロール】

【Sakuna(サクナ)】
岡山市北区表町1-1-25(商店街内)
0120-060-397/086-224-0397
*サクナ・オンラインショップ*

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>