アイスの食べ過ぎは要注意!

昨日のブログ記事から~ナイスタイミングなニュースだ!
⇒アイスのリスクがこわい。暑くても食べ過ぎには要注意!
・糖尿病や栄養失調の恐れがある
・消化不良や冷え性で下痢・便秘を起こす
・依存症になって食べるのがやめられなくなる
・毎日は食べないように気を付けて

うーん、ちょっとアイスのリスクが足りてないなあ….詳細はリンク先で見てね。
アイスに限らず、まず気をつけたいものはコレ!
・冷たいもの
・甘いもの
・乳製品

これらが混ぜ合わさって、咀嚼なしで胃に流れ込んでくる…液体に近づくものほど怖い。
冷たいものほど砂糖の量が多くないと美味しく感じないので、夏は砂糖中毒になりやすいと思います。
そして、食品添加物や人工甘味料、植物油脂やトランス脂肪酸が入ってくるものが多いので、さらに怖い。
確実に太るし(痩せている人は内臓脂肪)、老化は進むし、歯や骨は溶け、あらゆる病気の原因になる。少しずつ、少しずつ、すこーしずつね。。。
あぁ….私もつい欲しくなるアイスはやめないとね!自戒の念をこめて(^^;

ひとこと「アイス」といっても、いろいろな種類があるんです。
アイスの成分とか、しっかり見てから買う人って少ないと思いますが。
乳固形分と乳脂肪分の配合量で、かなり違ってきます。
・アイスクリーム(乳固形分15.0%以上 うち乳脂肪分8.0%以上)
濃厚でクリーミィな美味しいアイス。
・アイスミルク(乳固形分10.0%以上 うち乳脂肪分3.0%以上)
ハーゲンダッツとかコクがあって美味しいアイス….高級アイスの部類ですね。
・ラクトアイス(乳固形分3.0%以上)
一番多く出回っていて一番売れているアイス。でも一番怖いのがコレ。
乳脂肪分のところを植物性油脂やらトランス脂肪酸にして、添加物を使ってアイスクリーム風に作っているのです。
・氷菓 (乳固形分はほとんどなし)

乳脂肪分で見ると、アイスクリーム > アイスミルク > ラクトアイス > 氷菓
ですが、カロリーは乳脂肪分に比例しないです。
それに、低カロリーを売りにしているアイスは”人工甘味料”を使っているので要注意です。
うーん選ぶなら、氷菓 > アイスクリーム > アイスミルク > ラクトアイス になるかなあ。
氷系はアイスと思ってないけどね(笑)
さ~~まだまだ厳しい暑さは続きますが、アイスの食べ過ぎに注意しましょう!

食べてしまった後は、サクナで糖化した細胞を浄化してあげましょう!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>