おはぎとぼたもち

こんにちは。サクナの松成です。
秋晴れの気持ち良いお天気でシルバーウィーク、いかがお過ごしでしょうか。
毎度の事でお彼岸の時期は暇なのですが、大型連休となるとネットのアクセスも激減するので、のんびりモードで過ごしています(^^)

お彼岸の前には、あちこちで大好物の『おはぎ』が店頭に並ぶので、年2回は必ず食べてますね。
あんこときなこ、どっちも好きなのでついつい食べ過ぎちゃいます(^^;

最近はお店でも『おはぎ』としか書かれていなくて、『ぼたもち』って言わなくなりましたね~。
みなさんの地域ではどうでしょうか。

おはぎやぼたもちは、江戸時代からお彼岸や四十九日の忌明けに食べる風習が定着したようです。
やっぱり江戸時代ってすごいですね~。日本文化、日本の食文化も完成されてたと思われます。

あずきの赤色には、災難が身に降りかからないようにするおまじないの効果があると信じられていて、古くから邪気を払う食べ物としての信仰が、先祖の供養と結びついたと言われています。

おはぎとぼたもちは、違うもののように思われている方もいらっしゃるかな?
形やあんこの状態の違いなどで呼び名が違う、という説もあるみたいですが、一番確かなのは”時期”ですね。

『おはぎ』=秋・・・萩の季節、秋のお彼岸に食べるものの事で、あずきの粒をその季節に咲く萩にに見立てたもの。
『ぼたもち』=春・・・牡丹の季節、春のお彼岸に食べるものの事で、あずきの粒をその季節に咲く牡丹に見立てたもの。

今日はお彼岸の入り。ご先祖様を想いながら、特におはぎが大好物だった祖母の事を想いながら…おはぎを頂きますっ(^^)/

【あなたの美容と健康とともに Sakuna(サクナ)】
岡山市北区表町1-1-25(火曜定休)
TEL/FAX:086-224-0397

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>